歌詞に浅田真央の想いが……エキシビジョン使用楽曲に問い合わせ殺到 | RBB TODAY

歌詞に浅田真央の想いが……エキシビジョン使用楽曲に問い合わせ殺到

エンタメ 音楽

ソチ冬季オリンピック・エキシビション、浅田真央(2月22日) (C) Getty Images
  • ソチ冬季オリンピック・エキシビション、浅田真央(2月22日) (C) Getty Images
  • ソチ冬季オリンピック、浅田真央(2月20日) (C) Getty Images
  • ソチ冬季オリンピック、浅田真央(2月20日) (C) Getty Images
  • ソチ冬季オリンピック、浅田真央(2月20日) (C) Getty Images
 ソチ五輪での演技で世界中に感動を届けた女子フィギュアスケートの浅田真央選手。その彼女が23日のエキシビジョンで使用した楽曲、カナダのシンガー・IMAが歌う「スマイル/この素晴らしき世界」に問い合わせが殺到している。

 同楽曲は、アルバム『浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14』に収録。同アルバムは浅田選手の最新の競技使用曲と、過去の使用曲を収録したベスト盤的な内容で、浅田選手がこれまで使用した楽曲をすべてリスト化して、本人がこれまでの競技生活で特に印象に残っている楽曲を選んだものだ。

 同アルバムは、オリンピックの開幕前後から追加注文が激増し、現在2万枚を突破。通常1万枚売れればヒットといわれるクラシック・ジャンルでは異例のヒットを記録し、発売元のユニバーサルミュージックには問い合わせが殺到。音楽配信ヴァージョンの『浅田真央2013-14+仮面舞踏会』は競技前までに比べると20倍以上の売れ行きを記録、試合前まではチャート圏外だったアルバムはiTunesクラシックランキングの4位まで上昇。彼女が演技に使用した楽曲も各々軒並み配信チャートで上位にランクインしている。

 ソチ五輪閉幕から一夜明け、収録曲の中で特に注目を集めているのが「スマイル/この素晴らしき世界」。ブックレットに掲載されている同曲の日本語対訳は、浅田選手自身が確認しながら、じっくり言葉を選んで完成したもので、「涙が溢れそうになっても そんな時こそ頑張らなきゃ 泣いても意味ないよ、笑ってみて」という歌詞の内容が、浅田選手の現在の思いを代弁するものとして大きな話題となっている。「滑っている時も歌詞を考えながら滑っています。笑顔ってとても大切ですね。見ている方にもこの歌詞を理解して見て頂けると嬉しいです」――。ブックレットにはそんな浅田選手のコメントも掲載されている。

 なお、エキシビジョン後には、現在イスタンブールでツアー中のIMAから浅田選手へのビデオメッセージが届けられた。「ハロー、真央。IMAです。あらためてあなたの素晴しいソチオリンピックでの演技にお祝いの言葉を送ります。あなたは氷の上の素敵な天使よ。そして、あなたが私の歌を演技に使ってくれて、嬉しく思います。私にとってとても誇らしく、光栄なことだわ。あなたに敬意を表します。これからの幸運をお祈りしています。気をつけて日本に帰ってくださいね」との内容で、現在ユニバーサルミュージックのウェブサイトで公開中だ。
《花》

関連ニュース

特集

page top