ソニーのPC事業、売却が正式決定……日本産業パートナーズに譲渡 | RBB TODAY

ソニーのPC事業、売却が正式決定……日本産業パートナーズに譲渡

エンタープライズ 企業

「VAIO」ロゴ
  • 「VAIO」ロゴ
  • 2月22日発売予定のVAIO Fit 11A。“ソニーとして最後の「VAIO」”の1台となる
 ソニーと日本産業パートナーズ(JIP)は2月6日、ソニーが「VAIO」ブランドで運営しているPC事業を、ソニーからJIPに譲渡することで、意向確認書を締結した。3月末までに正式契約を締結し、7月1日を目途に本件取引を実行する方針だ。

 JIPが設立する新会社が、独立した事業会社としてVAIOブランドを付するPC事業の企画、設計、開発から製造、販売などに至る事業全体を運営する。ソニーの長野テクノロジーサイト(長野県安曇野市)をオペレーションの拠点として、社員を中心に250~300名程度で操業を開始。VAIOブランドは存続する見込みとなっている。

 ソニーは、各国で発売する2014年春モデルを最後とし、PC事業を収束する。販売済みソニー商品のアフターサービスは継続する。

 新会社はJIPの出資および経営支援のもと設立・運営されるが、当初はソニーから5%の出資を受ける。なお売却額などは未定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top