レノボ、IBMのx86サーバ事業を買収……約23億ドルで合意 | RBB TODAY

レノボ、IBMのx86サーバ事業を買収……約23億ドルで合意

エンタープライズ 企業

中国「Lenovo」トップページ
  • 中国「Lenovo」トップページ
  • IBM「System x」紹介ページ
 中国Lenovo(聯想)と米IBMは米国時間1月23日、LenovoがIBMのx86サーバ事業を取得する計画で最終合意に達したことを発表した。合意価格は約23億ドルで、そのうち約20億ドルが現金、残りがLenovo株で支払われる。

 x86サーバ系列「System x」のほか、BladeCenter、Flex System、ブレードサーバとスイッチ、x86ベースのFlex Systems Integrated Systems、NeXtScale、iDataPlex、関連ソフトウェア、ネットワーク、保守事業も含まれたものとなっている。ラーレイ、上海、深川、台北などの主要拠点に在籍する従業員を含む、世界各国のおよそ7,500人のIBM従業員は、Lenovoでの雇用が提示される予定。

 System z(メインフレーム)、Power Systems(POWERプロセッサー搭載プラットフォーム)、Storage Systems、PowerベースのFlexサーバ、PureApplication、PureDataシステムといったエンタープライズシステムは、今後もIBMが引き続き提供する。また、x86プラットフォームにおけるWindowsおよびLinux向けソフトウェア・ポートフォリオの開発とアップグレードを引き続き行う計画だ。

 Lenovoは、ThinkPadラインを含むIBMのPC事業を、2005年に買収。以降、多くの分野で協力関係を継続している。両社は今後も戦略的に協業していく方針とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top