タクシー会社の枠を超えた日本初の共通配車サービス「スマホdeタッくん」開始 | RBB TODAY

タクシー会社の枠を超えた日本初の共通配車サービス「スマホdeタッくん」開始

ブロードバンド その他

車両に貼られたタッくんのシールが目印
  • 車両に貼られたタッくんのシールが目印
  • 対応するタクシー無線グループ各社の車両
  • スマホdeタッくんサイト
  • 利用可能/参加準備中タクシー会社
 東京ハイヤー・タクシー協会は1月21日、日本初の共通配車サービス「スマホdeタッくん」の提供を開始した。日本マイクロソフトが、開発・提供におけるITパートナーとして協力し、クラウドサービス「Windows Azure」の提供や技術支援などを行っている。

 「スマホdeタッくん」は、スマートフォンやタブレット、Windows 8 PCを利用して、もっとも近い場所にあるタクシーを呼ぶことができるサービス。GPSを元に指定する迎車位置情報と、タクシーのGPSのリアルタイムな動態情報を、マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure」に収集し活用することで、複数タクシー車両のうち、もっとも近い車両をより迅速に配車できるのが特長だ。

 東京23区および武蔵野市・三鷹市を対象エリアとして、日本交通、大和自動車、共同無線の全車両と、チェッカー無線の一部の車両を合わせた計約6,500台が対応する。今後は、チェッカー無線の全車両と、グリーンキャブ、日の丸自動車が順次対応し、2014年4月には計約9,200台で利用できる予定。

 タクシー無線グループ各社によるアプリを使った配車サービスはすでに存在するが、1つのエリアで複数のタクシー無線グループが共通のアプリを使った配車サービスを行うのは日本初。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top