ベネッセ、小中学生専門の電子書籍ストア「ブクフレ本」開始 | RBB TODAY

ベネッセ、小中学生専門の電子書籍ストア「ブクフレ本」開始

ブロードバンド その他

オリジナル電子書籍ストア「ブクフレ本」
  • オリジナル電子書籍ストア「ブクフレ本」
  • オリジナル気持ちボタンつきビューワ
  • 「ブクフレWeb」の「読みトモ」ネットワーク
  • 「ブクフレWeb」の「タイムライン」+「フレーフレー!ボタン」
 ベネッセコーポレーションは12月16日、小学校高学年から中学生向けを対象とした、電子書籍ストア「ブクフレ本」の提供を開始した。あわせて、読書に関するSNSサービス「ブクフレWeb」も開始する。

 「ブクフレ本」は、小中学生向け書籍専門の電子書籍ストアで、iPad用アプリ(無料)で利用可能。あすなろ書房、岩崎書店、光文社、読売新聞東京本社の出版社4社が提供する250タイトルでスタートし、2014年度内には、出版社10社の参加と約2000タイトルの提供を目指す。

 ストアには「親子モード」の仕組みがあり、保護者が子どもに表示する本をあらかじめ選ぶことができる。購入についても、子どものリクエストを保護者が確認・承認する必要がある。子どもの読書体験を補助する仕組みとしては、「ブクフレ本」で購入した電子書籍を読むための「専用ビューワー」に、ページ毎に自分の気持ちをマークで登録する機能が用意されている。

 読書の体験についてコミュニケーションができるSNS「ブクフレWeb」は、自身の読んだ本やその感想をサイト上に記載できる。読書の好みが近い友達を見つけてフォローすることで「読みトモネットワーク」を作ったり、タイムラインで友達の今読んでいる本を把握したりできる。また、「フレーフレー!」ボタンで、タイムライン上の「読みトモ」の読書活動に応援を送ることができる。なお「ブクフレ本」と「ブクフレWeb」は連携しておらず、個別のサービスとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top