Googleが“失われた都市”アトランティスを発見?! | RBB TODAY

Googleが“失われた都市”アトランティスを発見?!

ブロードバンド その他

Googleマップの画面を見やすく加工。確かに画面中央当たりに、不思議な長方形が見られる
  • Googleマップの画面を見やすく加工。確かに画面中央当たりに、不思議な長方形が見られる
  • 英Googleプレスセンターによる正式発表
 Google(グーグル)のイギリス部門は21日、「Googleがアトランティスを発見した」という噂について、正式見解を発表した。

 これは現在、イギリスを中心に噂となっているもの。GoogleマップおよびGoogle Earthで、大西洋(アフリカ・カナリア諸島の600マイル西あたり)のある位置を見ると、人口の建造物のような海底地形(ウェールズとほぼ同サイズ)が見られる、というものだ。「これこそが失われた都市として有名な“アトランティス”ではないか!?」というわけで、すでに国内外のいくつかのメディアがこの話題を採り上げている。

 その写真(および位置)は、以下のとおり。なんと、ほぼ一辺200kmにもわたる巨大な四角形が海底にある。縦横に走る大通りのようなものも見えるし、たしかに自然に出来た地形とはとうてい思えないが…。

 これに対してGoogleのプレスセンターは、「Hopes of finding 'lost city' dashed」(“失われた都市”を発見したという希望は打ち砕かれました)と題するリリースで正式にこの問題に回答した。それによると「当社は、これまで知られていなかった種と古代のローマ人の別荘の痕跡などをモザンビークの原始林などで発見しています。それは事実です。しかし今回ユーザが発見したものは、あくまで情報収集プロセスの痕跡です。(GoogleマップおよびGoogle Earthの)海底地形データは、ソナーを使ってボートから収集しています。今回のマップのラインは、そのデータを集める際に、ボートの進路を反映した筋道が残ったと思われます。これらのラインのそれぞれの間に空白があるという事実は、まだまだ私達が本当に海底のことが分かっていないことを示しています」としており、真偽はともかく、完全に噂を否定した形だ。

 ちなみに、太平洋側には「失われた文明“ムー大陸”」があるという説がある。ロマン派の人なら、ぜひGoogleマップを使って探してみてはいかがだろうか。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top