「痛Tシャツ」需要で業績を伸ばす「プリズマ」 | RBB TODAY

「痛Tシャツ」需要で業績を伸ばす「プリズマ」

エンタメ その他

痛Tシャツ
  • 痛Tシャツ
  • 痛Tシャツ
 「オタク文化」が徐々に世の中に認められつつある。スポーツカーや高級車のボディにアニメ画像を描いた“痛車”というのがあるが、“痛い”プロダクトは製品ジャンルを広げ、最近需要の伸びてきているアイテムが、“痛T”すなわち「アニメTシャツ」だ。

 Tシャツプリントメーカーは「アニメTシャツ」のムーブメントを直接感じている。老舗メーカーのプリズマ(大阪市東淀川区)の村上淑人代表は「アニメの女性キャラクターのプリントや、自らデザインしたオリジナルキャラクターのプリント依頼が今年は増えている」と語る。

 「顧客にはプリントのクオリティにこだわる人が多く、技術や発色には特に気を使っています。特に『総柄プリント』という、Tシャツ全体にプリントされる技法はお問合せが多いです。うちでは特殊なプリント機械やインクを使用しているので、Tシャツの品質には満足してもらっています」

 “痛T”を作るオタクに支持されるプリズマのスタッフに話を聞いた。

●法人向けから一般顧客にもサービスを提供

 Tシャツやジャケット、タオルなど、「布モノ」への印刷加工を請け負う株式会社プリズマ。同社は30年前からアパレル企業などの法人向けにサービスを行なってきたが、約3年前から一般の顧客にも同等のサービスを開始させた。個人や小規模なスポーツチームなどの団体で、オリジナルTシャツを作る需要を見込んでの事業拡大だ。

 しかし、一般向けサービスを始めた3年前は、まだ問い合わせがまばらだった。プリズマ広報担当の山本氏は、「HPを立ち上げたがSEO対策もしていなかったため、毎週数件の問い合わせしかこなかった」と語る。だが、それから3年が経った現在は、毎日10件前後の問い合わせが来るようになり、業績を伸ばしている。3年前に比べて「他人とは違うTシャツを着たい」という顧客が増えているようだ。プリズマが受ける注文のなかで、特に人気が高いのは、自身が描いたイラストやオリジナルキャラクターをTシャツ全面に派手にデザインした「痛Tシャツ」だと言う。顧客のなかにはリピーターも多く、山本氏は「人気の秘訣は印刷品質」と言う。

《佐藤隆博》

関連ニュース

特集

page top