生放送ならではのハプニングも……「日本有線大賞」司会は再び沢村一樹&トリンドル玲奈 | RBB TODAY

生放送ならではのハプニングも……「日本有線大賞」司会は再び沢村一樹&トリンドル玲奈

エンタメ 音楽

「第46回日本有線大賞」(TBS系)で司会を務めるトリンドル玲奈(向かって左)と沢村一樹
  • 「第46回日本有線大賞」(TBS系)で司会を務めるトリンドル玲奈(向かって左)と沢村一樹
 今年日本人に最も支持された楽曲を決定する「第46回日本有線大賞」(TBS系)が12月11日に生放送されることが決まった。MCは昨年に引き続き俳優の沢村一樹とタレントのトリンドル玲奈のコンビが務める。

 2年連続でMCを務める沢村は、「生放送という緊張感の中、素晴らしい時間を皆さんと共有できるよう、今年も一緒にMCを担当させていただくトリンドルさん共々、張り切っていきたいと思います」とコメント。「生放送ならではのハプニングも、お楽しみに!」とアピールした。

 そんな沢村について、前回共演時の印象を「『TV画面で見るよりも“男前”だなぁ』と思いました(笑)」と語ったトリンドル。初めて生放送の音楽番組MCを務めた前回は、本番中に“ムチャぶり”を受ける場面もあり、「少し(言葉を)噛んだりしてしまい、その時起きている事がそのまま流れ(放送され)たり、台本にないことも起こったりするので」終始緊張していたそうだが、引き続いての起用に、「2回目のMCとなる今年の『有線大賞』も、一緒に楽しみながら進行したいです」と意気込んだ。

 「日本有線大賞」は、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき、2013年に最も支持された楽曲を決定。有線大賞の候補となる各賞は11月末に決定する予定で、決定次第、番組ホームページ等で公開される。

 「第46回日本有線大賞」はTBS系で12月11日午後7時より生放送。
《花》

関連ニュース

特集

page top