“ドジっ子メイド”山本美月が屈強な男たちを相手に……『黒執事』予告編解禁 | RBB TODAY

“ドジっ子メイド”山本美月が屈強な男たちを相手に……『黒執事』予告編解禁

エンタメ 映画・ドラマ

映画『黒執事』主演の水嶋ヒロ
  • 映画『黒執事』主演の水嶋ヒロ
  • 幻蜂家メイド・リン役の山本美月
  • 幻蜂清玄(汐璃)役の剛力彩芽
  • 清玄(汐璃)の叔母・華恵役の優香
 2014年新春公開予定の水嶋ヒロ主演映画『黒執事』の予告編が解禁された。

 今作では3年ぶりに映画主演を務める水嶋が、シャープに見せるため体重を50キロ台に落とすまで身体を作り、約4ヵ月間に及ぶトレーニングを経て本格アクションに挑んでいることでも話題を集めている。今回解禁となった予告編でも、そんな水嶋演じる執事・セバスチャンがまるで舞踏のような動きで複数の敵を一挙になぎ倒す迫力のアクションシーンを見ることができる。

 また、水嶋のアクションのほかにも、セバスチャンが仕える幻蜂家の使用人・リンを演じる女優・山本美月のガンアクションも見どころ。ガンアクションは初挑戦ながら、もともと原作の大ファンだったという山本がメイド姿で銃を構え、屈強な男たちを相手に立ちまわる、クールなアクションシーンを披露している。

 映画版『黒執事』は、原作コミックとは舞台を変えたオリジナルストーリー。東西で対立する分断された世界で、世界統一を目指す西側諸国女王の密命を受ける諜報員という裏の顔を持つセバスチャンと清玄はある日、東側諸国で起きている大使館員の“連続ミイラ化怪死事件”の解決を女王から言い渡される。その時同じくして起きていたのは、街から少女たちが失踪するという事件。万能な執事セバスチャンの追究により、2つの事件を結ぶ「黒い招待状」へと辿りつくが、その招待状が示す先は踏み入れてはならない世界。招待状を手にした清玄は窮地へと追い込まれることに。世界を巻き込む事件の黒幕の目的、そして事件の犯人を、セバスチャンが追う---。

 『黒執事』は2014年1月18日公開予定。


《花》

関連ニュース

特集

page top