しし座流星群、見逃しても安心!? 流星が流れた瞬間の動画をスマホに配信するサービス | RBB TODAY

しし座流星群、見逃しても安心!? 流星が流れた瞬間の動画をスマホに配信するサービス

エンタメ その他

しし座流星群の流星が流れた瞬間の動画をスマートフォンに配信するサービス「流星キャッチャー」
  • しし座流星群の流星が流れた瞬間の動画をスマートフォンに配信するサービス「流星キャッチャー」
  • しし座流星群の観測チャンスとなる17日の天気傾向
 秋の天体イベント「しし座流星群」が17日に観測チャンスを迎える。ウェザーニューズは、流星が流れた瞬間の動画をスマートフォンに配信するサービス「流星キャッチャー」の事前登録を開始した。

 同サービスは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」から利用できる有料会員向けコンテンツ。同アプリ内にある「スマートアラーム」から事前に設定しておくことで、しし座流星群の観測チャンスとなる17日夜に流星が観測された際、スマートフォンのPUSH通知が届き、いち早く流星動画を楽しむことができる。

 通知を受け取る流星の中継エリアは“全国”“現在地”から選択でき、いつどこにいても、スマートフォンで流星を視聴可能。また、流星キャッチャーから届いた情報はTwitterを通じてほかの人にも伝えることができるため、天候不良で星空を見られないエリアの人とも一緒に流星を楽しむことができる。

 また、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では当日午後9時より、全国7ヵ所から流星の同時中継を行う特別番組を放送予定。同番組は、「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24Ch.」で楽しめるほか、PCやテレビ(BS910ch)にて無料で視聴可能だ。

 なお、今年のしし座流星群の観測チャンスは17日夜から18日朝に掛けての時間帯で、ピークは18日午前1時頃となる見込み。当日の天気は、太平洋側ほど雲が少なく流星が見えるチャンスがありそうだが、一方の日本海側では前線が通過するため、前線に近い北海道の渡島半島周辺や東北日本海側・北陸などは夜間から早朝にかけて冷たい雨が降り、流星観測には厳しい条件となりそうだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top