NHK、高機能IPビデオルーターを開発……使用状況に応じ帯域制御が可能 | RBB TODAY

NHK、高機能IPビデオルーターを開発……使用状況に応じ帯域制御が可能

 日本放送協会(NHK)は10月31日、IP映像信号と一般的なファイル伝送を一元的にルーティングすることが可能な「高機能IPビデオルーター」を、メディアグローバルリンクスと共同開発したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
IPビデオルーターの運用イメージ
  • IPビデオルーターの運用イメージ
  • IPビデオルーター(外観)
  • IPビデオルーターの主な性能
 日本放送協会(NHK)は10月31日、IP映像信号と一般的なファイル伝送を一元的にルーティングすることが可能な「高機能IPビデオルーター」を、メディアグローバルリンクスと共同開発したことを発表した。

 現在、NHKでは、国内外から伝送されるニュースや番組などの映像素材を、SDI(Serial Digital Interface)信号で局内のスタジオなどに配信している。一方で放送設備のIP化が進んでおり、映像素材もIP映像信号で配信できる高機能ルーターが望まれていた。

 「高機能IPビデオルーター」では、映像用Layer3スイッチの採用により、IP映像信号と一般的なファイル伝送が混在するネットワークにおいても、使用状況に応じた帯域制御が可能となっている。また非圧縮HD-SDI相当の最大入出力220×220のIP映像信号に対応した。これにより、大規模なファイルベースシステムなどでの運用も可能だという。

 本装置は11月13日から幕張メッセで開催される「InterBEE2013」に展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top