オンラインショッピングで被災校を支援、新しい取り組み「ウェブベルマーク運動」開始 | RBB TODAY

オンラインショッピングで被災校を支援、新しい取り組み「ウェブベルマーク運動」開始

 一般社団法人ウェブベルマーク協会は17日、ベルマーク運動の新しい取り組みである「ウェブベルマーク運動」を開始した。エプソン、キヤノン、楽天、TV朝日、ヤフー、グリーなどがすでに支援協賛を表明している。

ブロードバンド ウェブ
「ウェブベルマーク」ロゴ
  • 「ウェブベルマーク」ロゴ
  • 「ウェブベルマーク」サイト
  • 「ウェブベルマーク」の仕組み
  • 協賛サイト一覧(9月17日時点)
 一般社団法人ウェブベルマーク協会は17日、ベルマーク運動の新しい取り組みである「ウェブベルマーク運動」を開始した。エプソン、キヤノン、楽天、TV朝日、ヤフー、グリーなどがすでに支援協賛を表明している。

 ウェブベルマーク協会は、東日本大震災被災地等の復興支援に資することを目的に、公益財団法人ベルマーク教育助成財団、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、朝日新聞社、タグボートが共同で、8月1日に設立した組織だ。

 「ウェブベルマーク運動」では、ウェブベルマークサイトを経由して協賛会社(スタート時、18社)のオンラインショップで買い物やサービスを申し込むと、購入金額に応じて一定の金額が、ベルマーク教育助成財団を通じて、岩手・宮城・福島など東北の被災校(小・中学校及び特別支援学校)支援にあてられる。参加には、ウェブベルマークサイトでの参加登録が必要。ウェブベルマークのサイトを経由して買い物をすることで、支援金が自動的に贈られるシステムとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top