スマホゲーム、プラットフォームの変動が明確に……「LINE」が「Mobage」と「GREE」合計超える | RBB TODAY

スマホゲーム、プラットフォームの変動が明確に……「LINE」が「Mobage」と「GREE」合計超える

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートフォンゲームプラットフォーム利用状況
  • スマートフォンゲームプラットフォーム利用状況
  • LINEが提供しているゲームの利用状況
  • スマートフォンゲームでの課金経験
  • スマートフォンゲームでの1か月の平均利用金額
 MMD研究所は21日、「スマートフォンゲームに関する調査(課金編)」の結果を公表した。調査期間は8月8日~11日で、15歳~59歳のスマートフォンゲーム利用者349人から回答を得た。

 まず、スマートフォンゲーム利用者(N=349)に“スマートフォンゲームプラットフォームサービス”の利用状況について4段階で聞いたところ、 「現在利用している」 という回答がもっとも多かったのは「LINE(38.1%)」となった。以下「Mobage」16.3%、「Ameba」14.6%、「GREE」11.5%、「mixi」9.2%の順で続いた。いわゆる「ソーシャルゲーム」「スマホゲーム」のプラットフォームとして双璧と言われていた「Mobage」「GREE」をあわせた以上のシェアを、LINEがすでに獲得していることが判明した。

 そこで、LINEが提供しているサービスの現利用者(N=133)を対象に、LINEゲームの利用状況について聞いたところ 「現在利用している」 という回答がもっとも多かったのは「LINE POP」で54.1%、次いで「LINEバブル」51.9%、「LINEポコパン」33.1%となった。

 また、スマートフォンゲーム利用経験者(N=349)を対象に、「スマートフォンゲームでの課金経験」について聞いたところ、22.1%の人が「課金経験がある」と回答した。さらに課金経験者(N=77)を対象に「1か月の平均利用金額」を聞いたところ、2割の人が1か月平均で「3000円以上」課金していた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top