2013年第2QのクライアントPC国内市場、デルが躍進……唯一の2桁成長 | RBB TODAY

2013年第2QのクライアントPC国内市場、デルが躍進……唯一の2桁成長

 IDC Japanは13日、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値について発表した。

ブロードバンド その他
2013年第2四半期 国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率(実績値)
  • 2013年第2四半期 国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率(実績値)
 IDC Japanは13日、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値について発表した。

 これによると、2013年第2四半期(4~6月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が191万台(前年同期比7.2%増)、家庭市場は146万台(同比29.4%減)で、計337万台(同比12.5%減)となった。家庭市場は5四半期連続の前年同期比出荷台数減、ビジネス市場は6四半期連続の前年同期比出荷台数増となっている。

 比較的利益を確保しやすいビジネス市場モデルに、販売促進活動の比重をベンダーが置く傾向や、円安対応の価格設定を行った新モデルへの切り替えのため、旧モデルの出荷を抑える施策などが影響した。

 ベンダーシェアでは、前期より上位5社の顔ぶれは変わらず、NECレノボ グループ 、富士通、東芝、デル、HPがトップ5となっている。前期5位のデルが4位へと順位を上げた。NECレノボ グループが全体で10.1%減、富士通が12.4%減、東芝が16.3%減となっているなか、デルは、家庭市場で前年同期比2.7%増、ビジネス市場では同比25.2%増となり、全体では20.4%増と唯一の2桁成長を達成した。

 なおデル以外の4社は、家庭市場で前年同期比で20%以上の減少となっている。HPは、全体で5.3%増。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top