NEC、ネット通信速度を瞬時に推定する技術を開発……最適な回線に合わせた制御が可能に | RBB TODAY

NEC、ネット通信速度を瞬時に推定する技術を開発……最適な回線に合わせた制御が可能に

ブロードバンド テクノロジー

既存方式との違い
  • 既存方式との違い
  • 通信速度を推定する仕組み
  • 本技術の提供形態
  • 本技術の応用例
 日本電気(NEC)は13日、インターネットやモバイルネットワーク(3G、LTE)の通信速度を瞬時に推定する通信速度推定技術を開発したことを発表した。

 パケットサイズが異なる複数のパケットを、サイズの順に等間隔で送信し、受信側で各パケットの受信間隔が広がり始める位置を調べ、その位置とパケットサイズを基に通信速度を推定する手法を開発した。従来、一般的な通信速度の測定方法では、大容量のデータを転送する必要があり、測定に大きな通信負荷と長い時間がかかるといった課題があった。新開発された通信速度推定技術は、わずかなデータ量(従来の1/180)の転送で通信速度を1秒以内に推定できるため、リアルタイムに推定を行い、最新の通信速度に合わせてデータを制御するといったことが可能となる見込みだ。

 モバイルネットワークを用いた評価実験では、わずか1秒以内に80%以上の精度で推定できることが実証されたという。推定時間も40分の1に短縮されている。推定に用いるパケットサイズの合計は数十キロバイトであり、一般的なデータ転送による測定方法に比べネットワークにかかる通信負荷も180分の1に軽減されている。

 同技術を用いることで、たとえば通信事業者は、端末の通信速度の変動を低負荷でモニタリングすることが可能となる。コンテンツ配信事業者は、映像配信の画質を通信速度の変動に追随させ、途切れのない安定した動画の提供や、通信速度に合わせて配信するデータのサイズを最適化することで、応答性能が高いWebサービスの提供が可能となるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top