電撃ネットワーク・三五十五、肺がんで活動休止……「必ず治して戻ってきます」 | RBB TODAY

電撃ネットワーク・三五十五、肺がんで活動休止……「必ず治して戻ってきます」

エンタメ ブログ

肺がんを告白した電撃ネットワークの三五十五(右から2人目)
  • 肺がんを告白した電撃ネットワークの三五十五(右から2人目)
  • 23日に更新した三五十五のブログ
  • 電撃ネットワーク公式サイトの発表
 パフォーマンス集団・電撃ネットワークのメンバー・三五十五(さんごじゅうご)が、肺がんのため活動を休止することが24日、わかった。

 電撃ネットワーク公式サイトの報告によると、三五は数週間前より体調不良を訴えて検査入院していたが、検査の結果、肺がんであると診断されたという。三五は今後、治療および療養に専念するとのことで、当面の公演については休演するとした。

 三五は「療養する事になりましたが、必ず治して戻ってきますので応援お願いします」とコメント。23日には自身のブログで、「メンバー、事務所関係者各員の皆様ご迷惑おかけしています。早くも目が不自由になってしまったようでますます迷惑おかけているようです」と現状を報告していた。

 また、メンバーのギュウゾウは、24日に更新したブログで「本日お見舞いへ行った時に三五さんが『走り続けてきたので、ここら辺でメンテナンスも必要だよな。全然負ける気がしないよ、やりたい事もいっぱいある』と言ってましたが、本人も闘病の道へ前向きにぶつかっていく気構えが出来ているようです」と、三五十五の現在の様子をつづっている。

 電撃ネットワークは、身体を張った過激なパフォーマンスで国内外で人気を博すグループ。三五はMCを務めている。
《花》

関連ニュース

特集

page top