1日単位の総量規制プランが使いやすい! 月額980円、NTT ComのLTEの実力を試す | RBB TODAY

1日単位の総量規制プランが使いやすい! 月額980円、NTT ComのLTEの実力を試す

ブロードバンド 回線・サービス

「OCNモバイルエントリー d LTE 980」のパッケージ
  • 「OCNモバイルエントリー d LTE 980」のパッケージ
  • 「OCNモバイルエントリー d LTE 980」のSIMカード。回線はドコモのものだ。マイクロSIMを取り出して端末に挿せば使える
  • SIMを挿したらアクセスポイントのセッティング。設定が終わるとLTE回線が使用可能になる
  • Playストアの設定で自動更新をWi-Fi接続時のみに変更。アプリの更新はたまっていると相当量のデータ通信が発生する。実際、今回は休眠端末にSIMを挿してテストしたため、アプリのアップデートだけで140MB以上の通信が発生していた
  • もちろんアプリのインストールもWi-Fi経由がベター。おなじみLINEでも、16MB以上ある。アプリだけで1日の制限容量を超えてしまう可能性が高い
  • いつもどおり使いながら外出。この日は夕方には新宿に到着。当然LTE圏内
  • 新宿で食事をするため、Googleマップを起動。それなりに通信容量がかかるマップサービスだが、1~2回使う程度なら数MBでおさまる
  • 出先ではメールチェックも。テキストベースのメールならほとんど通信容量がかからない
 携帯電話キャリアの回線を借りてデータ通信サービスを提供するMVNO。現在では月額1000円以下でLTE回線を使える格安プランも増えている。月額の通信量の上限が低く、利用スタイルが制限されるものの、うまく使えば、携帯電話キャリアのパケット通信定額プランに比べて格段に安く、通信費を数千円単位で低減できる。

 NTT Comが提供する「OCNモバイルエントリー d LTE 980」は、月額980円の低額LTEサービスのひとつ。この価格で下り最大112.5Mbpsの理論値に対応しており、同価格帯のサービスの中では最高速度である。通信制限は1日30MBまでで、30MBを超えると200kbpsまで通信が制限される仕組み。1日30MBというと1ヵ月で900MB弱。リッチコンテンツを多用するユーザーにとっては余裕のある容量とはいえないが、月間の通信容量に上限が定められていないのが面白いところで、利用スタイルによっては値段以上の使い勝手も期待できる。なお他社の同価格帯サービスを見てみると、3日で〇〇MB以内や1ヵ月で〇〇MB以内といった制限のかけ方が主流で、1日単位での利用制限は現状「OCNモバイルエントリー d LTE 980」だけとなっている。

 今回は実際にこのサービスを使ってテストしてみた。

■大型コンテンツはWi-Fiで

 まず1日のLTE回線使用上限が30MBという仕様上、向かない利用スタイルを確認しておこう。電子書籍や音楽配信などのリッチコンテンツのダウンロードサービスだ。

 電子書籍は、特にマンガの場合、1冊あたり40MB前後になるものも多い。1ヵ月単位や数日単位での総量規制であれば、たまに外出先でダウンロードする分には調整も可能だが、1日単位での総量規制を行う本サービスの場合、LTE回線経由で1冊買えば、それだけでその日は200kbpsに通信制限される可能性が高い。そのため、出先で電子書籍などを買うことが多いというスタイルの人は、これまでのスタイルを諦めざるを得ないだろう。

 ただし、この手のコンテンツダウンロードサービスは、一度ダウンロードしてしまえばオフラインで閲覧することも可能なものが多い。自宅などにWi-Fi環境があり、コンテンツダウンロードはWi-Fi経由と決めてしまえば、クリアできる問題だ。

 同じく、大容量のものが多いアプリなども、極力自宅のWi-Fi環境でダウンロードするようにすれば、かなり通信容量に余裕を持てるだろう。Android端末の場合、現在Playストア(Googleのアプリストア)の設定で、「Wi-Fi接続時のみ自動更新を行う」という項目も用意されている。新規ダウンロードだけでなく、自動更新もファイルサイズがかさばりがちなポイント。この設定も見直しておくといいだろう。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top