資生堂、無料情報紙『デオドラントBizタイムズ』創刊……夏を快適に過ごす新習慣は“デオビズ”! | RBB TODAY

資生堂、無料情報紙『デオドラントBizタイムズ』創刊……夏を快適に過ごす新習慣は“デオビズ”!

エンタメ その他

『デオドラントBizタイムズ』
  • 『デオドラントBizタイムズ』
  • 『デオドラントBizタイムズ』紙面イメージ
  • 「クールビズ」でストレスに感じることのトップは「汗のニオイ」
  • エージープラス ブランドサイトからも閲覧可能
 資生堂は、働く人のニオイケアに関する無料情報紙『デオドラントBizタイムズ』(B5判・全4頁)を創刊。6月末に、全国の小売店等で配布を開始した。

 担当者によると、「夏本番を前に、汗やニオイの悩みにお応えできるように」創刊したといい、夏場の汗やニオイ対策を、専門家のアドバイスを交えながら解説する内容となっている。「クールビズであるこの時期に、コアターゲットであるビジネパーソンや、汗やニオイ対策を心がけている多くの方へ波及することをねらい、全国の大型スーパーやドラッグストアの店頭等を皮切りに順次無料配布を行っていく」計画とのことだ。

 クールビズは、2005年に地球温暖化防止を目的として政府主導でスタートした運動。特に2011年以降は、電力不足による節電などが影響し、国民の意識も高まっている。クールビズよりも「更なる軽装の奨励」「ワークスタイルの変革」を呼びかける「スーパークールビズ」も始まった。

 一方で、資生堂が3月に行った「職場のニオイ意識と実態調査」によると、「クールビズでストレスに感じることは何か」のトップは「汗のニオイ」(44.8%)。こうした中、資生堂は、ますます蒸し暑くなる夏本番に向け、自分や周囲の人が快適に過ごすための新習慣として、職場でのニオイケアを推進する“デオドラントBiz”(“デオビズ”)を提案。汗をかいても快適に過ごせるアイテムでケアすることで、汗のニオイを気にしない、気にさせない環境づくりを図っていくとしている。

 『デオドラントBizタイムズ』は、その取り組みの第1弾として発行するもの。創刊号では、資生堂が提案する“デオドラントBiz”の紹介をはじめ、「リトマス紙でわかる『いい汗』『悪い汗』」「スメハラは、制汗スプレーで撃退!」「運命の人は“ニオイ”で探せ!」「“汗くささ”はどれほど届く?」などの記事を掲載している。全4ページ、オールカラーで、全国の小売店等で配布する他、資生堂「エージープラス」のブランドサイトでも閲覧可能となっている。


エージープラス ブランドサイト:http://www.shiseido.co.jp/ag
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top