「飛び上がるほど嬉しかった」……AKB48大島優子、“もうひとつの総選挙”1位に感激! | RBB TODAY

「飛び上がるほど嬉しかった」……AKB48大島優子、“もうひとつの総選挙”1位に感激!

エンタメ ブログ

“もうひとつの総選挙”で1位に輝いたAKB48大島優子
  • “もうひとつの総選挙”で1位に輝いたAKB48大島優子
  • 「第3回太田プロ総選挙」の結果(1位~10位)
  • 「第3回太田プロ総選挙」の結果(10位~20位)
 8日に開票が行われた第5回AKB48選抜総選挙では、1位をHKT48指原莉乃に奪われ、2連覇ならず2位に終わったAKB48大島優子だが、その裏で行われていた“もうひとつの総選挙”では初の1位に輝き、自身のブログで「今日飛び上がるほど嬉しかったです 笑」と喜びを明かした。

 この“もうひとつの総選挙”とは、お笑い芸人の有吉弘行が芸能事務所・太田プロダクションの所属タレントを対象に、有吉の独断で順位付けしてTwitterで公開しているもの。今年で3回目を迎えたこの「太田プロ総選挙」は、過去2大会ではダチョウ倶楽部の上島竜兵が2連覇を果たしており“不動のセンター”として君臨しているが、先頃に発表された中間報告では、なんと“本家”と同様にHKT指原が1位発進となる波乱含みの幕開けとなっていた。

 大島優子は第1回大会で3位だったが、第2回大会では6位へランクダウン。今回の中間発表では2位と好発進ではあったが、それでも指原の下に甘んじる順位でのスタート。8日に開票された“本家”の総選挙では、結局そのまま1位・指原、2位・大島の順位で終わり、世間をにぎわせたが、その翌日に行われたこちらの開票では、なんと大島が巻き返し、上島や指原、前田敦子といった面々をおさえて1位に輝いた。

 大島は9日深夜にブログを更新すると、こちらの総選挙の結果を受け、「いや~、上島竜兵さんの連覇を阻止することが出来るなんて思わなかった。でも、上島竜兵さんやっぱり強いな、、、」と、今回2位の上島を讃え、「来年も太田プロ総選挙、頑張ります(`_´)ゞ」とつづった。

 なお、前田敦子は4位、指原莉乃は10位という結果だった。
《花》

関連ニュース

特集

page top