パナソニック、衛星「みちびき」により測位精度を高めたポータブルナビ | RBB TODAY

パナソニック、衛星「みちびき」により測位精度を高めたポータブルナビ

IT・デジタル モバイル

「CN-GP530D」
  • 「CN-GP530D」
  • 「準天頂衛星みちびき」に非対応(左)/対応(右)の違い
 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、ポータブルナビ(PND)「Gorilla(ゴリラ)」シリーズの新製品として、「準天頂衛星みちびき」を利用した「CN-GP530D」を発表した。販売開始は6月12日。価格はオープン。

 同製品は、5型液晶ディスプレイと大容量16GB SSDを搭載した吸盤スタンド取り付けタイプのPND。GPSとジャイロに、準天頂衛星「みちびき」からの情報を加えた3つの測位データを利用し、測位精度を向上。ビル街や高架下など、GPSの受信が困難な都市中心部でも正確に現在地を測位できるようにした。

 2013年度版の地図データを収録し、2013年3~4月に開通した圏央道「海老名IC~相模原愛川IC」「茅ヶ崎JCT~寒川北IC」「木更津東IC~東金JCT/IC」の道路情報も網羅(「SA/PA施設詳細情報」「料金案内(木更津東IC~東金JCT/IC)」「ETCレーン案内」「方面看板、方面音声案内、ハイウェイ分岐図の一部情報」は未収録)。観光ガイドブック「るるぶ」約100冊分の観光スポット情報をデータ化した「るるぶDATA」を収録している。

 シガーソケットアダプタによる給電のほかバッテリを内蔵し、バッテリの連続駆動時間は約2時間。本体サイズは幅128×高さ86×奥行き17.9mm(突起部除く)、重さは約205g。
《加藤》

編集部のおすすめ記事

特集

page top