X線天文衛星「ひとみ」に異常、空中分解? 軌道に影響も | RBB TODAY

X線天文衛星「ひとみ」に異常、空中分解? 軌道に影響も

IT・デジタル 科学・宇宙

「ひとみ」(ASTRO-H)の観測装置(CG)
  • 「ひとみ」(ASTRO-H)の観測装置(CG)
  • 「@JointSpaceOps」によるツイート
  • Jonathan McDowell氏によるツイート
 3月27日18時、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が通信異常に陥っていることを発表。JAXAは対策本部を設置し、第1回会合を開催。ひとみの通信の復旧と原因調査に努めているとのこと。

 X線天文衛星「ひとみ」は2月17日に打ち上げられたばかり。現在は、搭載した各機器が宇宙空間で正しく動作するかを確かめる「初期機能確認」を行っている段階だった。

 しかし26日16時から、衛星の状態を確認できない状態が発生。通信不良の原因は不明で、短時間しか衛星からの電波を受信できない状態になっている。

 27日深夜に入り、米国国防総省の「戦略軍統合宇宙運用センター」(Joint Space Operations Center:JSpOC)の公式Twitterアカウント「@JointSpaceOps」は、「2 breakups」として、「ASTRO H(41337) @~0820z, 26Mar-5 pieces」とツイートした(もう1機は「SL-12 R/B」だが関連性はない模様)。

 またハーバードスミソニアンセンター所属の天文学者Jonathan McDowell氏(@planet4589)が取りまとめたデータによると、「ひとみ」の軌道周期に大きな異常が起きたことがわかる。

 JSpOCのツイートやデータを見ると、「5つの部品が飛び散った」というより「5つにわかれ空中分解した」という状況に思える。本日中にもJAXAから続報があると思われるので、早く現状が明らかになることを望むばかりだ。

※[追記:2016-03-28]
 JAXAでは現状を調査中。通信不良の原因については不明で、衛星の状態を確認できない状況が続いているとのこと。16時現在、通信は回復していない。また、米国JSpOCが、「衛星が複数の物体に分かれている可能性がある」と公表したことについても、「衛星が複数の物体に分かれている」のか「衛星の部品が、複数飛び散った」のか「他の物体が、衛星の回りに浮いている」のかについて、それぞれの可能性を踏まえ、状況を確認中だとしている。

※[お詫びと訂正:2016-03-28]初出時の記事タイトルに、誤解を招く表現がございました。お詫びして訂正いたします。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top