iPhoneのカメラを“強化&拡張”! デジカメのように使えるスマホケース「SNAP!PRO」とは【オトナのガジェット研究所】 | RBB TODAY

iPhoneのカメラを“強化&拡張”! デジカメのように使えるスマホケース「SNAP!PRO」とは【オトナのガジェット研究所】

IT・デジタル その他

iPhone 6s/6のカメラ機能を強化するアクセサリー「SNAP!PRO」
  • iPhone 6s/6のカメラ機能を強化するアクセサリー「SNAP!PRO」
  • iPhoneのカメラアプリがそのまま使える
  • グリップをドライバーで固定
  • 3種類のグリップがある
  • 側面にLightning端子、イヤホン端子が露出しているので、そのまま機器が接続できる
  • ケースにストラップを装着可能
  • 物理シャッターボタンとサムレスト
  • レンズは着脱交換式
 コペックジャパンから、iPhone 6s/6に装着してデジタルカメラのようなフィーリングで写真撮影が楽しめるハードケース「SNAP!PRO」が発売されている。iPhoneにさまざまな機能を追加できるユニークなケースの特徴を紹介していきたい。

 最近のiPhoneはカメラ機能や写真の画質がとても優れていることは多くのユーザーが体験済みだと思う。特にiPhone 6s世代からはメインのiSightカメラのセンサーが1200画素にアップして、4K動画撮影もできるようになったり、写真・動画機能が大変充実している。もはや使っていて不満に感じる点は少なそうだが、周辺アクセサリーを活用すればカメラ機能はもっとリッチにできる。そんなコンセプトを具現化した製品が「SNAP!PRO」だ。

 SNAP!PROの第一の特徴は、iPhoneの専用ケースであり、着脱式レンズを交換して写真の幅が広げられるカメラアクセサリーであるという点だ。同様の製品は今までになかったわけではないが、iPhone 6s/6にピタリとはまるスタイリッシュなデザインとレンズ交換の手軽さなど一体感の高いガジェットに仕上げているところが第二の特徴として挙げられる。

 SNAP!PROのベースであるiPhoneケースは、普通の他社製品のようにiPhoneの外側にはめ込んで装着するだけ。カラバリはブラックとホワイトの2色がある。素材は強化プラスチックなので、耐衝撃性が高いところもいい。iPhone全体を包み込むデザインだが、装着した状態でLightning端子とイヤホン端子は露出するので、充電や音楽リスニングはスムーズに楽しめる。

 オンラインストアではケース本体にストラップと、ワイドアングル+マクロレンズが1本付属する「Advanced package」が9,990円(税込)となり、これに上質な仕上げのウッドグリップとレザーストラップが付く「Premium package」が16,340円(税込)、さらに計6本の交換レンズが揃う「All-in-One package」の3種類が並んでいる。

 付属するエルゴノミック・グリップを装着すると、まるで高級なコンデジのようなルックスに早変わりする。グリップはケース本体の背面からネジで固定するので安定感が抜群に高い。とりわけウッドグリップとレザーストラップのコンビネーションは高級感たっぷりだ。

 快適な撮影をサポートする物理ボタンは、グリップの上のところに一つと、その対角線上の位置にもう一つ配置されている。全体に精悍な印象だが、物理シャッターは見分けやすくするためか、明るいグレーになっていて少しプラスチックな質感がわかりやすいのが残念。でも、シャッターを押したときのクリック感は心地よく、シャッターラグはiPhone本体のみで撮影した場合と変わらないレスポンスの良さが実現されている。

 グリップの裏側に親指を置くためのサムレストを付けたらケースの組み立ては完了だ。サムレストがあるおかげで、片手持ちでの撮影スタイルがとても安定する。これだけでもiPhoneを裸の状態で持って撮影するよりもホールド感が高まり、手ブレも少なく抑えられるのでケースを装着した甲斐があるというものだ。ストラップを付けて手首に巻いておけば、撮影時にiPhoneが落下して悲しい思いをすることもなくなる。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top