元SDN48メンバー7人が“20代最後の悪あがき”……新ユニット「7cm」結成で再始動 | RBB TODAY

元SDN48メンバー7人が“20代最後の悪あがき”……新ユニット「7cm」結成で再始動

エンタメ 音楽

SDN48の元メンバー7人で結成された新グループ「7cm」
  • SDN48の元メンバー7人で結成された新グループ「7cm」
  • 7cmのライブの模様(その1)
  • 7cmのライブの模様(その2)
  • 7cmのライブの模様(その3)
  • 7cmのライブの模様(その4)
  • 7cmのライブの模様(その5)
 アイドルグループ・AKB48の“お姉さんグループ”として活動したSDN48の元メンバー7人が、新ユニット「7cm」を結成して再始動することが明らかとなった。4日に渋谷Club Asiaで行われたライブで発表した。

 SDN48は、2009年に誕生した秋元康プロデュースの女性アイドルグループ。現在タレントとして活動中の芹那らが所属したが、2012年3月31日にNHKホールで行われたコンサートを最後にメンバー39人が全員卒業し、事実上の解散となった。

 7cmとして再始動するメンバーは、伊東愛、今吉めぐみ、梅田悠、甲斐田樹里、加藤雅美、KONAN、細田海友の7人。第1の目標としてNHKホールでのコンサートを目指して活動していくとのこと。4日に行われたライブで、リーダーのKONANが「もう一度あの舞台(NHKホール)に7人で立ちたい!!みなさん一緒に目指してくれますか??」と来場した200人のファンを前に宣言した。

 なお、「7cm」というユニット名には、「働く女性の平均のヒールの高さが7cmであり、格好良くヒールを履きこなしているような素敵な女性でありたい、男性だけでなく女性からも憧れられるグループでありたい、1歩1歩コツコツと歩んでいきたい」といった意味が込められているが、一方、グループコンセプトは「20代最後の悪あがき」。SDN48として最後まで追いきれなかった夢の続きを20代最後の悪あがきとして全力で追いかけるプロジェクトだという。多数のグループがひしめく現在のアイドル界で、AKBの元お姉さん7人がなりふり構わぬ“悪あがき”で目標を達成することができるのか、注目だ。
《花》

関連ニュース

特集

page top