SNSで愚痴を投稿、7人に1人がトラブルに発展……サイバーエージェント調べ | RBB TODAY

SNSで愚痴を投稿、7人に1人がトラブルに発展……サイバーエージェント調べ

ブロードバンド ウェブ

SNS上で愚痴を投稿したくなる理由
  • SNS上で愚痴を投稿したくなる理由
  • SNS上で愚痴を投稿したことでトラブルになったことがありますか?
  • 利用しているSNSサービス数
 サイバーエージェントが提供するコミュニティサービス「きいてよ!ミルチョ」は11日、「SNSの愚痴」に関する意識・実態調査の結果を発表した。調査期間は2013年3月22日~3月26日で、週に5日以上SNSに投稿をする20代~30代の男女500名から回答を得た。

 まず最初に「あなたが利用しているSNSのサービス数はいくつありますか?」と質問したところ、もっとも多い利用数は「3つ」で36.6%、続いて「2つ」27.2%となっており、平均利用SNS数は「2.7個」となった。1日の平均投稿数は「7.6回」。もっとも多い人は、1日に平均200回くらい投稿していた。

 次に「SNS上で愚痴を投稿したくても投稿できないことが多いと思いますか?」と聞いたところ64.0%の人が「そう思う」と回答。「愚痴の投稿ができないことが多いと思う」と答えた人に、投稿したくなる愚痴の内容を聞くと、やはり自身に直接関係のある「仕事関係の内容」(55.3%)、「友人・知人に関する内容」(34.1%)などが高かった。一方で、「訪れたお店や施設に関する内容」「事件や芸能ニュースなどの内容」がともに27.8%と続いており、人間関係の“不満解消”だけでなく、日常の出来事に対する“感想への共感”を求めている傾向も伺える。

 「SNSに投稿できない理由」としては、「自分の投稿を見た人を不快にさせてしまうので」(61.3%)が最多。「自分のイメージを悪くしたくないので」(39.7%)、「他人の愚痴の投稿を見て不快に思ったので」(38.4%)、「愚痴を投稿するメリットがないと思うので」(28.8%)なども高い数値を示した。

 さらに「SNS上で愚痴を投稿したことがありますか?」と聞いたところ、71.8%の人が「ある」と回答。この人たちに「SNS上で愚痴を投稿したことでトラブルになったことがありますか?」と聞いたところ、14.5%の人が「ある」と回答しており、愚痴をSNSに投稿した人のうち、実に7人に1人がトラブルを起こしてしまったことが明らかとなった。具体的には「愚痴の相手にバレて、後日それについて問いただされ気まずい関係になった」「愚痴の矛先を向けた人とは別の人が誤解して受け取ってしまった」「フォローしている友人に反感を買ってしまった」といった例が挙げられている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top