住友林業、小中学生向けWebサイトをオープン | RBB TODAY

住友林業、小中学生向けWebサイトをオープン

 学研教育出版が企画、制作に参加した、住友林業の小・中学生向けWebサイト「森と木のひみつ」が、9月28日よりオープンした。小学5年生以上を対象に、地球環境問題を身近に感じながら学ぶことができる学習用Webサイトだという。

ブロードバンド ウェブ
住友林業・小中学生向けWebサイト「森と木のひみつ」
  • 住友林業・小中学生向けWebサイト「森と木のひみつ」
  • 森と木のウソ?ホント?クイズ
 学研教育出版が企画、制作に参加した、住友林業の小・中学生向けWebサイト「森と木のひみつ」が、9月28日よりオープンした。小学5年生以上を対象に、地球環境問題を身近に感じながら学ぶことができる学習用Webサイトだという。

 住友林業は、1691年の創業以来、森林経営にはじまり木に関わる様々な事業を展開してきた。木を植え、育て、住宅部材などに使用し、使った分だけまた植えるという持続可能な取り組みを通じ、豊かな社会の実現に貢献することを企業理念にしている。

 「森と木のひみつ」は、森と木の価値を深く知る住友林業と、出版やWebサイト、教育ソフトなどで子ども向けの情報を発信している学研教育出版が協力。両社の知識とノウハウを生かし、子どもたちに大切なことを伝えたいという思いを込めて誕生した。

 サイトでは、森や木の意外な秘密をクイズにした「森と木のウソ?ホント?クイズ」や、木に関する観察や実験を紹介する「木の実験・観察研究室」、全国の子どもたちから寄せられた森、木、環境についての質問や疑問に答える「森と木のひみつ Q&A」など、森と木の秘密を楽しく理解するためのコンテンツが多数用意している。

住友林業、小中学生向けWebサイトをオープン…森と木の大切さを学ぶ

《水野 こずえ》

関連ニュース

特集

page top