ZONEが活動終了、最後のメンバー・MAIKOが報告 「沢山の方たちに支えてもらえて幸せでした」 | RBB TODAY

ZONEが活動終了、最後のメンバー・MAIKOが報告 「沢山の方たちに支えてもらえて幸せでした」

エンタメ 音楽

4月7日をもって活動終了したZONE
  • 4月7日をもって活動終了したZONE
  • ZONEの活動を終了する決意を明かしていたMAIKO
  • ZONEの活動期間を振り返ったMAIKO
  • 所属事務所がZONEの活動終了を報告
 今年2月にMIYUこと長瀬実夕が所属事務所から契約を解除され、メンバーはMAIKOこと栄舞子ただ1人となっていたガールズバンド・ZONEが、7日付けでバンド活動に終止符を打った。MAIKOは所属事務所の公式サイト上にコメントを寄せている。

 今年2月に、所属事務所ランタイムミュージックエンタテインメントが、「著しい不品行及び度々の業務不履行などの行為」を理由に長瀬との専属契約を解除したことを発表。バンドにはMAIKOだけが残される状況となったが、その後、4月7日のイベントを最後にバンドの活動を終了させることが決定。MAIKOは事務所の公式サイトを通じ、その決意を報告していた。

 そして当初の予定通り、7日に東京・渋谷のライブハウスShibuya O-EASTで行われたイベント「ZONE FAINAL EVENT」をもって活動終了したZONE。事務所が「ZONEは4月7日をもって最後のメンバーMAIKOにより歴史にピリオドを打ちました。結成以来15年、1度の解散・再結成を経て活動を行ってきました。長年にわたり応援して頂いたファンの皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました」と報告すると、同時にMAIKOもコメントを寄せ、「長い間ZONEを応援して下さってありがとうございました。最後の最後まで沢山の方たちに支えてもらえて幸せでした」と、ファンへの感謝をつづるとともに、「ZONEは結成して15年、メジャーデビューして12年になります。涙が枯れてしまうほど沢山泣いて、顔がくしゃくしゃになるほど沢山笑いました。ZONEで過ごしてきた日々、忘れません。本当にありがとうございました」と、結成時から唯一残るオリジナルメンバーとして活動期間を振り返った。

 ZONEは2001年にメジャーデビュー。2005年に一度解散したが、2011年に再結成。MIYUとMAIKOの2人体制となり、2012年6月には約7年ぶりとなるシングル「treasure of the heart ~キミとボクの奇跡~」をリリースしたばかりだった。
《花》

関連ニュース

特集

page top