パナソニック、プラズマモデルの最上位「VIERA VT60」シリーズ2機種 | RBB TODAY

パナソニック、プラズマモデルの最上位「VIERA VT60」シリーズ2機種

IT・デジタル テレビ

65V型「TH-P65VT60」。最新のプラズマパネル「フル・ブラックパネルIV」を搭載
  • 65V型「TH-P65VT60」。最新のプラズマパネル「フル・ブラックパネルIV」を搭載
  • 55V型「TH-P55VT60」
  • 新材料の赤色蛍光体の採用でデジタルシネマ色域98%を実現
  • 従来モデルとのサブフィールド駆動数の比較。より駆動数を増加させ、階調豊かな描写が可能となった
  • 「マイホーム」の4つのモード
  • 通常のリモコンのほかに付属するマイク内蔵リモコン。音声操作に対応
 パナソニックは2日、「VIERA」シリーズのプラズマモデル「TH-P65VT60」(65V型)、「TH-P55VT60」(55V型)を発表した。発売はいずれも4月下旬で、価格はオープン、予想実売価格は「TH-P65VT60」が600,000円前後、「TH-P55VT60」が420,000円前後。いずれもプラズマモデルの最上位機種にあたる。

 3D表示にも対応する最新のプラズマパネル「フル・ブラックパネルIV」を搭載。解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、ネイティブコントラストは550万:1以上まで向上させた。また、動きベクトル検出の精度を高め、より早い動きでも動画解像度を高める駆動を制御することで、フルHD動画解像スピード2,000pps(画素/秒)を実現した。この高い動画表示性能は、3D表示時にも効果を発揮する。

 色調に関しては、新材料の赤色蛍光体の採用によりデジタルシネマ色域98%という高い色再現力を獲得、豊かな映像表現を実現している。さらにブルーレイソフトでは色域圧縮されてしまう、映画オリジナルの豊かな色を再現することができる「ハリウッドカラーリマスター機能」を搭載した。

 また、圧縮処理され、欠落した信号を3万パターンに及ぶ高画質化映像データベースによって復元する「ファインリマスターエンジン」搭載で、地上デジタル放送やBSデジタル放送を復元。テレビで表示すると崩れてしまうネットの文字も、「クリアフォント」で補正を行う。

 UIでは、2月に発表された「VIERA DT60」に搭載された「マイホーム」を採用。テレビ番組が全画面表示される通常の「テレビフルスクリーン」、画面を分割して裏番組なども表示する「テレビのホーム」、天気予報やメモなどを設定できる「くらしのホーム」、インターネットに接続し、よく見るサイトを一覧表示する「ネットのホーム」の4種類があらかじめ用意されている。

 通常のリモコンのほかにマイク内蔵リモコンも付属し、マイク内蔵タイプは音声操作に対応。音量アップやチャンネル変更等のテレビ基本操作のほか、ネット検索や番組検索もキーワードを話しかけるだけで操作できる。タッチパッドも装備している。

 無線LAN機能を内蔵しており、「ビエラ・コネクト」「お部屋ジャンプリンク」といったネットワーク機能に対応。スマートフォン用アプリ「VIERA remote2」をスマホにインストールして連携すれば、スマートフォンとコンテンツの共有、スマートフォンをリモコンとして使うなども行える。

 チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×3基、スピーカーはウーファー(φ7.5cm)×1基とミッドレンジ×4基で、最大出力は5W×2+10W。インタフェースはHDMI×3、D4端子×1、コンポジットビデオ×1、LANポート×1、USBポート×3を装備する。

 本体サイズは65V型「TH-P65VT60」が幅153.1cm×高さ97.5cm×奥行32.5cm/50.5kg、55V型「TH-P55VT60」が幅131.8cm×高さ85.5cm×奥行29.6cm/38.5kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top