NECアクセステクニカ、11ac対応無線LANルータを4月初旬に発売……最大1.3Gbpsを実現 | RBB TODAY

NECアクセステクニカ、11ac対応無線LANルータを4月初旬に発売……最大1.3Gbpsを実現

IT・デジタル 周辺機器

IEEE802.11ac(Draft)対応の無線LANルータ「AtermWG1800HP」(左)、「AtermWG1400HP」
  • IEEE802.11ac(Draft)対応の無線LANルータ「AtermWG1800HP」(左)、「AtermWG1400HP」
  • 同機のティザーページも開設
 NECアクセステクニカは27日、IEEE802.11ac(Draft)準拠の無線LANルータ新モデル「AtermWG1800HP」などを発表した。発売は4月初旬、価格はオープン。

 今回発表されたのは、電波法改正により国内で解禁になったIEEE802.11ac(Draft)規格対応のルータ。「AtermWG1800HP」、「AtermWG1400HP」の2機種で、予想実売価格は「AtermWG1800HP」が19,000円前後、「AtermWG1400HP」が16,000円前後。

 IEEE802.11ac(Draft)は、5GHz帯を用いて実効1Gbpsでの通信速度を実現する次世代の高速無線接続規格。複数アンテナを搭載することで送受信帯域を広げるMIMO技術を採用、11nでは4本までだったアンテナ数を8本に拡張することで高速化を図る。米国などではすでに対応製品が発売されているが、総務省の正式認可を待って日本でも製品化される。

 「AtermWG1800HP」は最大1.3Gbpsでの通信に対応。NECが独自に開発した電磁ノイズ抑制技術「μEBG構造」を世界で初めて採用。また、世界最小クラスの「μSRアンテナ」を搭載することで、放射効率を高め高速化を実現するとともに、アンテナの占有面積を従来機種比で約88%削減。「Draft 11ac対応」でありながら、従来の「11n対応」機種と同等のコンパクトな本体サイズを実現した。

 「AtermWG1400HP」も同様だが、最大転送速度が867Mbpsとなる。両機種とも対応規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac、セキュリティは、WEP、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)、有線LANは5ポート、USB 2.0ポート。本体サイズは幅33mm×奥行111mm×高さ170mm、重量は約400g。

 それぞれ2台をセットにした「イーサネットコンバータセット」が用意され、「AtermWG1800HP イーサネットコンバータセット」は35,000円前後、「AtermWG1400HP イーサネットコンバータセット」は29,000円前後。

 また、無線LAN子機「AtermWL9000U」を5月中旬より発売。予想実売価格は単体が9,000円前後、AtermWG1400HPとのセットが23,000円前後。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top