富士通、スマホで画面撮影するだけでPCファイルを転送できる技術 | RBB TODAY

富士通、スマホで画面撮影するだけでPCファイルを転送できる技術

エンタープライズ モバイルBIZ

PC画面に通信情報を重畳
  • PC画面に通信情報を重畳
  • 動作原理
  • 利用シーン
 富士通研究所は21日、PC画面を携帯電話やタブレットなどで撮影するだけで、画面に表示されているファイルをPCと携帯電話間で転送可能とする技術を発表した。IPアドレスなどを目に見えないように画像に重畳し、同時に複数の人がファイルを入手可能にする。

 新開発された技術は、通信情報を目に見えないようにPC画面にリアルタイムで重畳する技術、PC画面上に表示されているファイルを常に監視して、携帯電話からのファイル転送要求時に画面に表示されているファイルを携帯電話に自動転送する技術など。

 新技術では、IPアドレスなどの端末固有の情報を目に見えないようにPC画面へリアルタイムに重ね合わせることにより、PC画面を携帯電話のカメラで撮影するだけで被写体のPCを特定可能とした。ファイル一覧メニューから特定のファイルを探して選択するなどの作業は必要ないという。その後、自動的に被写体PCと携帯電話間の通信経路を確立し、画面に表示されているファイルを携帯電話へ転送する。

 具体的には、会議中にスクリーンに表示されているプレゼン資料を複数のメンバーが同時にダウンロードしたり、出張前にデスクトップPCで編集中のファイルをノートPCに転送したりするシーンが想定されている。今後、PC画面から携帯電話への通信速度を改善し、2014年度中の実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top