Facebookユーザの8割以上が「プライバシーが気になる」 | RBB TODAY

Facebookユーザの8割以上が「プライバシーが気になる」

 トレンドマイクロは、「Facebookの利用実態調査」を発表した。多くのFacebookユーザが友人とのコミュニケーションで楽しんでいる一方で、プライバシーに関する懸念を抱いており、実際にトラブルを経験している実態が明らかになった。

ブロードバンド セキュリティ
Facebookに登録している情報
  • Facebookに登録している情報
  • Facebookでつながりのある友達との関係
  • Facebookに対する印象
  • Facebook利用上の経験
  • トラブルや人間関係のストレスを避けるための対策状況
  • Facebookのプライバシー設定について
トレンドマイクロ株式会社は11月27日、「Facebookの利用実態調査」を発表した。本調査は、Facebookを利用中のユーザ(18歳から49歳までの男女)312名を対象にWebアンケートにより11月9日から11月11日まで実施したもの。調査結果によると、利用状況では89.7%のFacebookユーザが実名を登録しており、その他にも出身地(69.6%)、居住地(66.7%)、学校(62.5%)と、多くのユーザが複数のプライバシー情報を登録している。Facebookへの印象については、74.4%のユーザがFacebookを「楽しいサービス」と評価し、78.6%が「今後も使い続ける」と回答している一方で、83.7%のユーザが「Facebookを使う上でプライバシーが気になる」と回答している。

Facebook利用上の経験については、63.1%が「『友達』承認したくない相手から、『友達』申請がきた」経験があり、33.1%のユーザは「Facebookに投稿した情報が知られたくない相手に見られていた」経験をしている。Facebook上のトラブルや人間関係のストレスを避けるための対策としては、トラブルを避ける対策として半数程度のユーザが「個人情報は最小限しか登録しない(53.5%)」や、「自分が記事や写真・動画を投稿する際は不特定多数にみられてもよいレベルしか投稿しない(49.4%)」を実施している一方で、Facebookのプライバシー設定を活用しているユーザは34.6%にとどまった。Facebookのプライバシー設定について、85.6%のユーザは「設定方法が分かりづらい」または「やや分かりづらい」と回答し、78.5%のユーザは「設定が面倒である」または「やや面倒である」と感じていることがわかった。

Facebookユーザの8割以上が「プライバシーが気になる」--ユーザ調査(トレンドマイクロ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top