「消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」……TwitterでブラクラURLが拡散中 | RBB TODAY

「消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」……TwitterでブラクラURLが拡散中

ブロードバンド セキュリティ

ブラクラが表示するメッセージ(iPhone端末上iOSでの表示)
  • ブラクラが表示するメッセージ(iPhone端末上iOSでの表示)
  • Android端末のChromeブラウザでの表示
  • Twitter上での関連ツイート群
 トレンドマイクロは22日、Twitter上での不審な投稿の増加を確認したことを発表した。投稿には「ブラウザクラッシャー(通称ブラクラ)」に分類される、不正なWebサイトのURLが含まれているという。

 このURLは「wi○○rr.in/real.alaertstorm.html」といったアドレスになっており、アクセスすると、ブラウザ上で「今度は何度押しても消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」というメッセージボックスが表示される。このメッセージボックスはOKボタンをクリックするなどしても消えず、表示されたままとなる。メッセージボックスが消えないため、結果的にブラウザが使用できなくなるというものだ。

 このブラクラは、Windows、Android OS、iOSのすべてに効果を及ぼす。ちなみに、AndroidのChromeブラウザでは、「追加のダイアログが作成されないようにする」ことが可能なため、影響を受けないようにすることが可能となっている。

 トレンドマイクロでは、このブラウザクラッシャーのURLが2012年4月頃からTwitter上の投稿にしばしば登場していることを確認。しかし、今回確認された拡散の増加は、2013年3月7日ころから突然広まっているとのことで、すでに数百件がツイートされている模様だ。

 また仕組みについては、JavaScriptの無限ループを利用した単純なものだと解析している。そのため、結果的に深刻な被害に繋がるものではないとしつつ、安易にアクセスすることを戒める事例だと注意している。

 なお、日本では2011年に、ブラウザクラッシャーによりチャットサイトを利用不能にした男性が、「不正指令電磁的記録供用(ウイルス供用罪)」の疑いで逮捕されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top