テレビとの連動で世界の名所をバーチャルランニングできるランニングマシン | RBB TODAY

テレビとの連動で世界の名所をバーチャルランニングできるランニングマシン

IT・デジタル テレビ

「PARAGON 6(パラゴン 6)」の利用イメージ
  • 「PARAGON 6(パラゴン 6)」の利用イメージ
  • 本体
  • 別売の専用メディアプレーヤー「パスポートプレーヤー」
 ジョンソンヘルステックジャパンは、家庭用フィットネスマシンブランド「Horizon Fitness(ホライズンフィットネス)」で新たにランニングマシン「PARAGON 6(パラゴン 6)」を発表した。販売開始は12月1日。希望小売価格は294,000円。

 同製品は、スポーツクラブ等に設置してある業務用モデル並みの仕様となるランニングマシン。走行面は幅50×長さ153cmで、最高速度は時速20km、最大傾斜率は15%となる。

 別売の専用メディアプレーヤー「パスポートプレーヤー」(希望小売価格は23,100円)を経由してテレビに接続することで、テレビに映る映像の街並みを走っているようなバーチャル体験が可能。映像プログラムの「バーチャルアクティブ」は、アメリカの映像専門会社バーチャルアクティブが実写から制作・編集したオリジナル映像で、すれ違う人や車、鳥が羽ばたく音なども収録されているという。

 映像は1コースあたり5~7kmで、ロサンゼルスやシカゴの市街コースをはじめ、グランドキャニオンやスイスアルプスといった大自然のトレッキングコースなど、計10コースを搭載している。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top