わずか5センチ四方、三脚付きで最大50型まで投影可能なミニプロジェクター | RBB TODAY

わずか5センチ四方、三脚付きで最大50型まで投影可能なミニプロジェクター

IT・デジタル テレビ

「PPR-QT1」シリーズ(ホワイト)
  • 「PPR-QT1」シリーズ(ホワイト)
  • 「PPR-QT1」シリーズ(レッド)
 プリンストンテクノロジーは6日、わずか5cm四方、重さ約120gのボックス型ミニプロジェクター「PPR-QT1」シリーズ(ホワイト/レッド)を発表。11月下旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は12,800円。

 同製品は、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、DVDプレーヤーなどを付属のAVケーブルで接続し、簡単に投影が可能。iPodは別売りのケーブルもしくは同社のリモコン付き iPod専用ドック「PIP-DOCK2」を用いて接続できる。投影は最大50型(投影距離2m時)まで行なえる。輝度は5ルーメン、解像度は300×224ピクセル相当。なお、音量調節は再生機器側で行なう。

 接続中の再生機器の映像が終了すると、自動的に本体の電源がオフになる仕組み。付属の三脚に取り付けた場合には、本体を90度まで角度調整可能で、天井への投影もできる。三脚の長さは約90〜155mmまで対応する。

 ランプ種類はRGB LEDで、寿命は約10,000時間。投影方式はFLCoS、コントラスト比は100:1、アスペクト比は4:3。投影サイズは約12〜50型で、投影距離は0.5〜2m(暗所時)。内蔵スピーカーは1W。入力端子は3.5ミリステレオミニ(付属専用AVケーブルでRCAメスに変換)。専用AVケーブル、ACアダプタ、三脚などが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top