「ムダ毛」より、「小鼻テカり」より、「頭皮ベタつき女子」がイヤ!? アンファー、「頭皮ケア」の重要性伝えるプロジェクト第2弾 | RBB TODAY

「ムダ毛」より、「小鼻テカり」より、「頭皮ベタつき女子」がイヤ!? アンファー、「頭皮ケア」の重要性伝えるプロジェクト第2弾

 アンファーでは現在、現代女性に「頭皮ケア」の重要性を伝えることで、今はもちろん、5年後・10年後の女性たちの髪を美しいものへ導くことを目的としたプロジェクト「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」を展開している。

エンタメ その他
「頭皮ベタつき女子」の高感度はかなり低い!?
  • 「頭皮ベタつき女子」の高感度はかなり低い!?
  • 「ムダ毛女子」よりもさらにイヤ!
  • 「頭皮のベタつき」が気になるシーンはさまざま
  • 第2弾コンテンツ「ベタつき革命」
  • ユニークな診断コンテンツも
 アンファーでは現在、現代女性に「頭皮ケア」の重要性を伝えることで、今はもちろん、5年後・10年後の女性たちの髪を美しいものへ導くことを目的としたプロジェクト「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」を展開している。

 今回、同委員会では、プロジェクト第1弾の「頭皮のニオイ」に続く第2弾として、「頭皮のベタつき」に注目。25~39歳の男女300名を対象にした調査および、美容ジャーナリスト・木更容子氏へのインタビューを実施した。その結果、「頭皮のベタつき」が、見た目の好感度に大きく影響するという事実が明らかになったという。

■男性からの高感度に大きな影響を与える「頭皮のベタつき」

 ひどい場合には、髪の毛がアブラで浮いたり、前髪が湿って見えたりなど、一気に見た目の印象を悪くしてしまう「頭皮のベタつき」。まず、そんな「頭皮のベタつき」が、どこまで男性からの好感度に影響を及ぼすかを検証するため、25~39歳の有職者男性150名を対象に調査を実施。すると、「頭皮がベタついている女性」は、「ムダ毛の処理が甘い女性」、 「小鼻がアブラでテカっている女性」と比べて、男性からの「好感度」の下がり方が、同等もしくはより顕著であるという結果になった。一方で、「寝グセがついている女性」、「汗などでファンデーションが崩れている女性」については、それほど「好感度」には影響がないようだ。ムダ毛や小鼻のテカリをこまめにケアしている女性は多いと思われるが、「頭皮のベタつき」をケアすることも重要なポイントであることがあらわれた結果と言える。

■女性同士でも気になる場面は多い

 それでは実際に、どれくらいの女性が「頭皮のベタつき」を気にしているのだろうか。25~39歳の有職者女性150名に「頭皮のベタつき」が気になることがあるかを聞いたところ、62.7%と実に6割以上が「気になることがある」と回答。また、ベタつきが気になる季節としては、「夏」(97.9%)はもちろん、「冬」でもベタつきが気になると回答した人も39.4%と約4割にのぼった。さらに、他人の「頭皮のベタつき」が気になることがあるかを聞くと、 68.7%と約7割 が「ある」と回答。男性のみならず、女性同士でも、「頭皮のベタつき」は気になるようだ。

 具体的なエピソードを聞くと、「職場にロングヘアーの女性がいて、いつも髪の毛がベタついていて、ニオイもする。(26歳・女性)」、「友人が夏場に帽子をとった時、髪の毛がベタついてペタンコだった。(25歳・女性)」などの声が。また、男性に同じ質問をしたところ、「お店で接客された店員の頭皮がベタついてて嫌だった。(37歳・男性)」、「電車で髪の毛がベタついてる人がいて、気持ち悪いと感じた。(29歳・男性)」という回答があがった。その一方で、女性たちに、自分の「頭皮のベタつき」を防ぐために、何か対策をしているかを聞くと、「している」と答えた女性は50.0%と半数にとどまった。ケアの方法としては「シャンプー」(76.7%)が最も多く、日常的にベタつきを落とすケアが主流になっている。

 そこで今回、アンファーでは、多数の化粧品研究者や医師、女性誌読者に取材した経験を持つ美容ジャーナリスト・木更容子氏に、「頭皮のベタつき」の原因と「頭皮ケア」のポイントについて話を聞いている。

■「頭皮のベタつき」でファッションも台無しに!? 適切なシャンプー選びが重要

 木更氏は、「頭皮がベタついていると、不衛生に見えたり、だらしなく見えたりするだけでなく、せっかくメイクやファッションをキメても、オシャレが台無しになってしまいます。オシャレは“ヘアスタイルで決まる”といってもいいほど、髪の毛は重要です」と、「頭皮」のベタつきが「見た目の印象」に与える影響についてコメント。また、頭皮のベタつきを気にする女性の中には、朝も夜もシャンプーをするなど、過度な清潔志向がみられがちだとし、「頭皮を洗いすぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまい、その結果、皮脂が過剰に分泌されてベタつきの原因になることがあります。また、脱脂力の強いシャンプー・コンディショナーも同様で、人によっては頭皮の乾燥や、過剰な皮脂の分泌につながる可能性があります」と、「洗いすぎ」が「頭皮のベタつき」の原因である可能性を指摘した。

 そして、「1日に何度もシャンプーをするなど、“洗いすぎ”は過剰な皮脂の分泌を招く原因になり得ますが、“洗わなさすぎ”というのも、当然ベタつきの原因になります。頭皮のベタつきが気になる方は、日頃のシャンプーの回数が多すぎないか、または少なすぎないかという点を、振り返ってみましょう。また、シャンプーの選び方も重要なポイント。脱脂力の強すぎるものはなるべく避けるようにし、成分などをしっかり確認して、“不要な皮脂のみを取り除き、必要な潤いは残すシャンプー”を選ぶことが大切です」とベタつきに対処するための頭皮ケア方法について説明した。

 「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」Webサイトでは、新コンテンツ「ベタつき革命」を公開中、上記調査結果や、「頭皮の革命度診断」などの診断コンテンツが楽しめる。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top