凸版印刷、「いいね!」数を店頭でリアルタイム表示するシステムを提供開始 | RBB TODAY

凸版印刷、「いいね!」数を店頭でリアルタイム表示するシステムを提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「いいね!カウンター」専用の小型電子ペーパーサイネージのイメージ
  • 「いいね!カウンター」専用の小型電子ペーパーサイネージのイメージ
  • 「いいね!カウンター」システムイメージ
 凸版印刷は15日、Facebook上の「いいね!」のカウント数を、店頭のサイネージやスマートデバイスに表示可能とするプロモーションシステム「いいね!カウンター」を発表した。

 「いいね!カウンター」は、オンライン上の商品評価を店頭で可視化する、O2O(オンライン to オフライン)プロモーションシステム。Facebook上の「いいね!」のカウント数を、店頭に設置された専用の小型電子ペーパーサイネージやスマートデバイスに、専用サーバを通してリアルタイムに表示する。「いいね!」のカウント数だけでなく、コメント情報や商品画像、QRコードも表示できる。

 オンライン上の「いいね!」のカウント数をオフラインの店頭で可視化することで、来店者の商品への興味や関心を高め、購買活動を促進するのが狙い。なお、オンライン上の商品評価をリアルタイムにオフラインの店頭で表示するシステムは、日本初だという。

 また、本システムで提供する「いいね!カウンター」専用の小型電子ペーパーサイネージは、表示部分に省電力の電子ペーパーを活用し、電池方式を採用することで、コードレス化を実現している。小型のため、マネキンや店員につけるバッチ、商品棚に載せるPOPなど、さまざまな場所に設置可能となっている。

 提供開始は、11月中旬より。採用第一弾として、良品計画が運営する「無印良品」有楽町店で活用されるとのこと。11月16日~26日まで開催される「KNIT Like COLLECTION」で利用される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top