ももクロ、「ライブハウス武道館へようこそー!!」 年に1度の“男だけの祭典”でファン熱狂 | RBB TODAY

ももクロ、「ライブハウス武道館へようこそー!!」 年に1度の“男だけの祭典”でファン熱狂

エンタメ フォトレポート

photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
  • photo by hajime kamiiisaka
 アイドルグループ・ももいろクローバーZが5日、男性限定のライブ公演「ももクロ秋の2大祭り~男祭り2012~」を日本武道館で開催。“漢(おとこ)”仕様の熱いパフォーマンスで超満員となった会場を熱狂させた。

 先月5日には、日本武道館での女性限定ライブ「女祭り2012」を成功させたももクロ。今回は観客を男性のみに限定したばかりでなく、和太鼓パフォーマンスや、極真空手の師範たちによるバット折りや氷柱割りなどといった演武パフォーマンス、新日本プロレス「CHOAS」の選手たちとの“寸劇”を披露するなど、男性客向けに趣向を凝らしたセットや演出を用意。開演直後から熱気ムンムンの会場の中央ステージに立ったリーダー・百田夏菜子が「お前ら~気合い入ってるんだろうな! ライブハウス・武道館へようこそー!!」と、伝説のロックバンド・BOφWYの氷室京介が発した名セリフを真似て観客を煽ると、会場を埋め尽くした1万1000人と、さらにライブビューイング会場に集まった1万人の計2万1000人の“モノノフ”(ももクロのファン)は大興奮。その後、人気曲の「ピンキージョーンズ」や「労働讃歌」、「行くぜっ!怪盗少女」などにまじえ、古くからのファンには懐かしいカバー曲「最強パレパレード」や、ドラマ「悪夢ちゃん」(日本テレビ系)の主題歌に起用されているギタリスト・布袋寅泰が楽曲提供した「サラバ、愛しき悲しみたちよ」もライブ初披露するなど、約3時間半におよぶライブを盛り上げた。

 ライブ終了後、ブログを更新したメンバーの佐々木彩夏が「いやー、最高だったね。みんなの熱い声援や応援がビシバシ伝わってきたよー!!『The・男子』って感じだった」と振り返れば、高城れにも、「プロレスラーさん達と一緒にchaimaxx踊ったり、色んな曲を太鼓の方達が演奏してくれたり!! 極真の方達もかっこよかったし、こんな豪華ってありですかー」と、興奮冷めやらぬといった様子。「たくさんのモノノフさんの笑顔をみれて、熱気を感じて、powerをもらって、気合いをもらって!!男の中の男だぜーっwww」と、メンバーたちも年に1度の祭典を満喫した様子をつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top