日立、クラウド構築のための統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」発売 | RBB TODAY

日立、クラウド構築のための統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」発売

 日立製作所は22日、クラウド環境の迅速かつ容易な構築、運用を実現する日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform(日立ユニファイドコンピュートプラットフォーム)」(UCP)を発表した。10月23日から販売を開始する。

エンタープライズ ハードウェア
日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」
  • 日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」
  • 「Hitachi Unified Compute Platform」の価格・出荷時期
 日立製作所は22日、クラウド環境の迅速かつ容易な構築、運用を実現する日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform(日立ユニファイドコンピュートプラットフォーム)」(UCP)を発表した。10月23日から販売を開始する。

 「UCP」は、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのハードウェアを統合し、事前検証や基本設定を済ませて提供することで、迅速なシステム導入を可能とする統合プラットフォーム。新たに開発された統合プラットフォームオーケストレーション機能(IaaS基盤統合管理ソフトウェア)により、仮想サーバの管理画面からサーバ、ストレージ、ネットワークを一元管理できるIaaS基盤モデル「Hitachi Unified Compute Platform Pro for VMware vSphere」(UCP Pro for VMware vSphere)と、統合システム運用管理「JP1」などのミドルウェアを統合し、日立が培ってきたいノウハウをテンプレート化して提供することでITシステムの構築、運用作業を自動化できるPaaS基盤モデル「Hitachi Unified Compute Platform with OpenMiddleware」(UCP with OpenMiddleware)の2種が提供される。

 「UCP Pro for VMware vSphere(IaaS基盤モデル)」は、クラウドサービス事業者などが運用する大規模クラウド基盤に適したモデル。仮想サーバの管理者がVMware vCenterの管理画面から、すべてのハードウェアを一元的に管理可能。価格は個別見積。

 一方「UCP with OpenMiddleware(PaaS基盤モデル)」は、統合システム運用管理「JP1」やクラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」などのミドルウェアを統合することで、ITシステム構築、運用作業の自動化を実現する、企業などのプライベートクラウド基盤に適したモデル。具体的には、運用手順書に従い運用管理者が手作業で行っていた仮想サーバの割り当てなどの運用作業を自動化するとともに、アプリケーションに応じて必要となるシステム要件やノウハウをパターン化したテンプレートを用意している。価格は3,371万6,235円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top