NEC、専有可能な物理サーバのレンタルサービスを開始 | RBB TODAY

NEC、専有可能な物理サーバのレンタルサービスを開始

エンタープライズ ハードウェア

「NEC Cloud IaaS」の全体像
  • 「NEC Cloud IaaS」の全体像
  • 「NEC Cloud IaaS」ラインアップ
 日本電気(NEC)は27日、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を強化し、顧客が物理的に専有可能なサーバを貸し出す物理サーバサービスの提供を開始した。

 このサービスでは、高負荷処理に適したサーバと、低負荷処理・並列分散処理に適したサーバの2種が用意されており、オンプレミスのプライベートクラウドと同等の環境を、データセンター上で実現可能だという。

 高負荷処理に適したサーバは、Intel社Xeonプロセッサを搭載し。「NEC Cloud IaaS」と同一のネットワーク上に配置しており、ファイアウォールやロードバランサなどのネットワークサービス、ファイルストレージサービスなどを利用できる。価格は月額92,300円(最小構成1台の価格、税・初期費別)。低負荷処理・並列分散処理に適したサーバは、Intel社Atomプロセッサを搭載。サーバとその管理システムをハウジング環境に設置し、保守サポートも含めて提供する。価格は月額555,100円(最小構成10台の価格、税・初期費別)。

 あわせて、大容量データを容量の制限なく保存できるオブジェクトストレージサービスを提供する。価格は月額8.6円より(税別、GB単位)。そのほか「NEC Cloud IaaS」の移行・構築・運用を支援するサービスを強化するとともに、データセンター間ネットワーク接続サービスを強化する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top