エプソン、3D対応で10万円を切るプロジェクター「EH-TW510」シリーズ | RBB TODAY

エプソン、3D対応で10万円を切るプロジェクター「EH-TW510」シリーズ

 エプソンは3日、3Dプロジェクターのエントリーモデルとして「EH-TW510S」、「EH-TW510」を発表。実売予想価格が9万円台後半と10万円を切る価格での登場となる。

IT・デジタル その他
3D対応で予想実売価格が10万円を切るプロジェクター「EH-TW510」シリーズ
  • 3D対応で予想実売価格が10万円を切るプロジェクター「EH-TW510」シリーズ
  • 3D視聴に必要な3Dメガネ「ELPGS03」(価格10,500円)は同梱されずオプションとなる
 エプソンは3日、3Dプロジェクターのエントリーモデルとして「EH-TW510」シリーズを発表。実売予想価格が9万円台後半と10万円を切る価格での登場となる。販売開始は11月30日。

 「EH-TW510」シリーズはホームプロジェクターのエントリーモデルながら、3D対応を実現した製品。ラインナップとして「EH-TW510S」、「EH-TW510」があり、「EH-TW510S」には80型のスクリーンセットが付属する。予想実売価格は、「EH-TW510S」が9万円台後半、「EH-TW510」が9万円台中盤となっている。ただし、3D視聴に必要な3Dメガネ「ELPGS03」(価格10,500円)は同梱されずオプションとなる。

 同製品は輝度は2,700ルーメン、コントラスト比4,500:1で3LCD方式を採用。投写サイズは33型~318型まで対応する。また最大出力2Wのスピーカーを内蔵、斜め横からでも投写が可能な「ピタッと補正」機能、「ヨコ補正スライダー」などで、レバーをスライドするだけで直感的に台形補正ができる。

 解像度は1280×800ピクセル、インターフェースはミニD-Sub15pin、USB、HDMI、1RCA、Sビデオなど。本体サイズは幅325mm×高さ77mm×奥行243mm、重さは2.7kg。電源コード(1.8m)、リモコン(電池付)が付属する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top