ソフトバンクBB、京漆器の職人による本漆塗りの「ARROWS A SoftBank 101F」用ケース | RBB TODAY

ソフトバンクBB、京漆器の職人による本漆塗りの「ARROWS A SoftBank 101F」用ケース

IT・デジタル その他
「JAPAN TEXTURE for SoftBank 101F」
  • 「JAPAN TEXTURE for SoftBank 101F」
  • 和紙石目・黒
  • 市松・黒
  • 市松・朱
  • 五月雨・黒
  • 五月雨・朱
  • 渦・黒
  • 渦・朱
 ソフトバンクBBは27日、「SoftBank SELECTION」ブランドより、「JAPAN TEXTURE(ジャパンテクスチャー)」シリーズの第4弾として、本漆を塗りこんだ「ARROWS A SoftBank 101F」用のケース「JAPAN TEXTURE for SoftBank 101F」を発表。販売開始は31日。価格はオープンで、直販サイト価格は24,800円。

 同製品は同社スマートフォン「ARROWS A SoftBank 101F」用のハードケースで、ポリカーボネートに本漆を塗り重ねたモダンなデザインをうたう。またひとつひとつが、京漆器の職人による手作業で仕上げられているという。

 絵柄は、格子柄の「市松」 、無地と縦のヘアラインが交互に入った「五月雨」、多重の円が描かれた「渦」、一部に石目模様の和紙が貼られた「和紙石目」の4パターンを採用。

 カラーバリエーションは、和紙石目・黒/市松・黒/市松・朱/五月雨・黒/五月雨・朱/渦・黒/渦・朱の全7種類を用意する。本体サイズは幅66.7×高さ132.4×奥行き12.2mm、重さは約14g。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top