【レビュー】 ソフトバンクの新サービス「とく放題」を使ってみた | RBB TODAY

【レビュー】 ソフトバンクの新サービス「とく放題」を使ってみた

ブロードバンド その他

からあげクン(200円)を有り難くいただいた
  • からあげクン(200円)を有り難くいただいた
  • 期間限定・数量限定で実施される特価セールが目玉
  • ペットボトルの水やお茶など汎用性の高い食料品が格安で購入できて便利だ
  • 「無料引換券」のサービスではローソンの「からあげクン」が見事大当たり
  • 近所のローソンにバーコードを持っていざ引き替えに
  • Loppiの店頭端末で引換券と交換する
  • LINEの電子ギフトコード(200円分)なども当たる
  • ファーストフード店などで使えるおすすめクーポンも用意
 ソフトバンクモバイルが提供する新サービス「とく放題」が4日からサービスを開始した。これに伴ってソフトバンクBBが展開してきた「BBライフ」も、「とく放題」に合流してサービスを強化・拡充。今回は改めてこの「とく放題」がどんなサービスなのか、検証も交えながら紹介してみよう。

 「とく放題」はソフトバンクのスマートフォン、タブレットのユーザーが利用できるさまざまな割引特典を月額590円で用意しているサービスだ。対応機種はiOS 6.0以上のiPhone・iPad、およびAndroid 2.3以上のスマートフォンとタブレットだ。

■2リットルの水が1本あたり24円と破格も、ウィークポイントあり

 割引特典の内容もさまざまだ。まずは毎週更新される「大特価セール」から試しに使ってみた。この「大特価セール」は毎週金曜日にメニューが更新されるもので、「最大値引き90%」という安さが魅力のアイテムをずらりと並べているところが特長だ。今回テストしてみた期間中に、「食料品」のセールが実施されていたので、ものは試しにと「アサヒ おいしい水 富士山」(2リットル・6本入り)を1箱注文した。

 価格はなんと149円(税込)、1本あたりの換算で約24円という驚異的な安さだ。送料も無料。筆者は普段から2リットルのペットボトルの水を箱で買い置きするのだが、近所のドラッグストアで1本・78円(税抜)のボトルを6本入りのダンボールで販売している500円弱の商品がまわりで見つけた中では最安値。これを天気の良い日に自転車でふらふらと出かけて買いに行くのだが、自転車とはいえ全12リットルのケース買いは時折億劫に感じることもある。そんな時はアマゾンも併用するのだが、今回のテスト期間に同じ商品がアマゾンでは幾らで販売されているのかを調べてみると、12本・2箱セットで1,088円(税込/1本あたり91円)で販売されている。価格だけ比べるのなら圧倒的に「とく放題」の方が安いし、6本・1箱単位で買えるのも、購入後の置き場所を考えれば有り難い面もある。

 なるほどこれはお得だ。早速購入してみることに。My Softbankにログインして、スマホからクレジットカード番号と配送先住所を入力するだけと、とても簡単に買うことができた。

 価格のメリットは大きいが、「とく放題」の方にもウィークポイントはある。注意書きをよく読むと、配送期間が「約10日程度」になることもあると書かれている。アマゾンは土日に注文を入れても基本的に翌日には届くので、急を要している買い物であればアマゾンを選ぶべきだ。今回は買い置き用途の水なので、まあ10日かかっても問題はなしと割り切った。実際には火曜日に注文して、間に祝日を挟んで金曜日には都内の筆者宅に荷物が届いた。「最大で10日かかることもある」ということなのだろう。アイテムによって配送にかかる期間が変わってくるものと思うが、まあこれぐらいの間隔であれば値段の差を考えれば今回は「とく放題」に軍配が上がったと言える。

■カテゴリーの細分化&増加を希望!

 大特価セールの内容は毎週金曜日にカテゴリーがローテーションで変更される決まりで、毎月の1週目が「食料品(最大90%OFF)」、2週目が「レジャー&旅行(最大90%OFF)」、3週目が「日用品」、4週目が「映画チケット(最大50%OFF)」となっている。シンプルでわかりやすい区分だが、サービスが軌道に乗ってきたら、「家電」「ペット用品」「書籍」などカテゴリーを増やしたり、細分化して欲しいと思う。また筆者の場合は旅行や映画は毎月あっても利用できないことが多い反面、食料品や日用品は毎週やっていても有り難いので、複数のカテゴリーの特価セールを並行実施してもらえたらいいのにと感じた次第だ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top