カシマスタジアム、au Wi-Fi SPOTとWiMAXをサービス開始 | RBB TODAY

カシマスタジアム、au Wi-Fi SPOTとWiMAXをサービス開始

ブロードバンド 回線・サービス

カシマサッカースタジアム
  • カシマサッカースタジアム
 「東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ」が21日、県立カシマサッカースタジアムで開催される。試合にさきだつ18日、スタジアムでは公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」および、WiMAXサービスの提供を開始した。

 試合は、被災地のJ1クラブである仙台と鹿島の選手、東北地方出身選手、さらに海外からのゲスト選手を加えた「Jリーグ TEAM AS ONE」が、これらの選手を除くJ1の16チームから選出された選手で構成される「Jリーグ選抜」と対戦する。キックオフは19時00分。

 KDDI、UQコミュニケーションズおよび、鹿島アントラーズ・エフ・シーは18日より、鹿島アントラーズが指定管理者を務めている「茨城県立カシマサッカースタジアム」において、auスマートフォン、PC、タブレットなどでインターネット通信を楽しめる公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」および、WiMAXサービスの提供を開始した。

 「カシマサッカースタジアム」は、4万人を収容できる茨城県内最大の集客施設であり、「鹿島アントラーズ」の本拠地として、年間30万人がサッカー観戦に訪れる。また、近年ではコンサートやビアガーデン、スタジアムツアーなどサッカー観戦以外を目的とする来場者も増え、ウェルネスプラザやサッカーミュージアムなどを加え、年間50万人が利用する、地域のコミュニティー施設となっている。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top