「大人ミュージック」を提供へ……ソーシャル・ミュージック・サイト OKMusic[動画] | RBB TODAY

「大人ミュージック」を提供へ……ソーシャル・ミュージック・サイト OKMusic[動画]

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

大人ミュージックTOP
  • 大人ミュージックTOP
  • 大人ミュージック
 オウケイウェイヴの子会社のオーケーライフは、ソーシャル・ミュージック・サイト『OKMusic』において、新サービス「大人ミュージック」の提供ならびに、「iTunes Store」配信楽曲の『OKMusic』上での試聴・レビューサービスを2012年7月初旬より開始する。幅広い世代へのソーシャル・ミュージックの訴求が目的。

ソーシャル・ミュージック・サイト『OKMusic』は2011年9月に公開された、一般ユーザー参加による、音楽を「創る」、「聴いて楽しむ」、「共感する」ことでつながるコミュニティサイトだ。様々なソーシャルメディアからログイン可能で、ソーシャルメディアを通じて自分の曲を広めたり、気に入った曲を知らせたり、共作したり、感想を共有できる。

 「大人ミュージック」で『OKMusic』は、幅広い世代が楽しめる音楽を「大人ミュージック」と定義付け、国内メジャー・レーベルの協力も得ながら、音楽ライブラリを充実させる。一般ユーザーが投稿する自作の歌謡曲、フォーク、ニューミュージック調のものからジャズ、アダルト・コンテンポラリーなどを「大人ミュージック」としてカテゴライズする。さらには1970年代のメジャーヒット曲を順次紹介し、試聴機会も提供する。

 「大人ミュージック」開始の背景として、スマートフォンの普及により、携帯電話(フィーチャーフォン)以上に配信音楽に接しやすい環境で、とくに40歳代以上のスマートフォンユーザーへ訴求する。30歳代以下のユーザーにも、しばしばリバイバルヒットが生まれる1970年代の楽曲を紹介する。

 また「iTunes Store」が配信する全楽曲を『OKMusic』上から試聴できるようにした。楽曲の試聴のみならず、『OKMusic』のコミュニティ機能はそのまま利用でき、クチコミ投稿やレビュー投稿により、ユーザー同士で音楽を通じた交流と新たな音楽の発見を楽しめる。

 ソーシャル・ミュージック・サイト『OKMusic』はサービス開始以来、約1万5000タイトル(2012年6月現在)の楽曲が公開され、ライブ会場のような臨場感で一般ユーザー、アーティストが交流できる音楽コミュニティサイトとして成長してきた。日本語版の他、英語版も提供している。『OKMusic』では2012年末までに日本語版、英語版通じて全世界で1000万人の利用をめざす。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top