明日、6日朝は「金星の太陽面通過」……見逃すと次は105年後!気になる天候は、、、 | RBB TODAY

明日、6日朝は「金星の太陽面通過」……見逃すと次は105年後!気になる天候は、、、

ブロードバンド テクノロジー

6日朝の天気予想図
  • 6日朝の天気予想図
  • 金星の太陽面通過(国立天文台)
  • 金星の太陽面通過(国立天文台)
  • 金星の通過経路
 6日、地球から見て、内惑星である金星が太陽の前を横切る現象である「金星の太陽面通過」が起こる。金星は午前7時頃から午後2時頃にかけて、ゆっくりと太陽面を通過し、その様子は小さなほくろのように観察できるという。

 日本気象協会の発表によると、天気に恵まれるのは北陸と東海から九州にかけての地域で、関東や北日本では曇りか雨となり観測が難しい見込み。

 日中にみられる天体ショーだが、先日の金環日食同様、裸眼で見ると眼を傷める原因になるため、「日食メガネ」をかけて観察する必要がある。また、メガネをかけても長時間の観察は避け、1分見て、15分休むくらいが良いとのこと。国立天文台によると、金星はゆっくりと進んでいくので、時間をあけて観察した方が、変化にも気づきやすいそうだ。

 思わぬ事故に遭わないように、公園など車の来ない安全な場所で観察してほしい。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top