パイオニア、11.1ch仮想3Dサウンドを再現するホームシアター……Blu-rayプレーヤー搭載 | RBB TODAY

パイオニア、11.1ch仮想3Dサウンドを再現するホームシアター……Blu-rayプレーヤー搭載

IT・デジタル その他

「HTZ-626BD」
  • 「HTZ-626BD」
  • バーチャル3Dサウンドのイメージ
  • iPhone/iPod接続用のクレードルを付属
 パイオニアは16日、Blu-rayディスクプレーヤーを搭載したサラウンドシステム「HTZ-626BD」を発表した。販売開始は6月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品はBlu-rayディスクプレーヤーを搭載するAVレシーバーと、フロントスピーカー×2、センタースピーカー、サラウンドスピーカー×2、サブウーハーで構成される5.1ch対応のホームシアターシステム。Blu-rayディスクプレーヤーは3D再生に対応する。

 5.1chのスピーカー構成のままで、仮想的に11.1chの音場を再現する独自技術「バーチャル3Dサウンド」を搭載。3Dの映像に合わせて、視聴者の背面にもスピーカーがあるような音場を作り出すことを可能としている。

 自宅に無線LAN環境がある場合には、ホームネットワーク内の動画/音楽ファイルの再生ができる。また、iPhone/iPodを接続できるクレードルを付属し、保存されているデータを再生可能。

 YouTubeなど、ネット上のビットレートが低い動画を高画質に補正する「ネットコンテンツモード」や、MP3などの圧縮された音源を原音に近い音質で再生する「サウンドリバー」などの補正機能を備える。

 実用最大出力は1,100Wで、フロントスピーカーが150W×4、センターが250W、サブウーハーが250W。インターフェースはHDMI入力×2/HDMI出力/USB×2/光デジタル入力×2/アナログ入力など。

 本体サイズ/重さは、AVレシーバーが幅430×高さ62×奥行き345mm/3.4kg、フロントスピーカーが幅95×高さ80×奥行き90mm/300g、センタースピーカーが幅230×高さ80×奥行き90mm/700g、サブウーハーが幅130.5×高さ420×奥行き375mm/4.4kg。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top