フジテレビ、スマホを活用した遠隔取材支援システム「ロケサポ」を開発 | RBB TODAY

フジテレビ、スマホを活用した遠隔取材支援システム「ロケサポ」を開発

エンタープライズ モバイルBIZ

「ロケサポ」スマホ画面
  • 「ロケサポ」スマホ画面
  • 一斉メッセージの配信にも対応
 フジテレビジョンは7日、ジェイエムテクノロジーと共同で、スマートフォンを活用した遠隔取材支援システム「LocationSupporter/ロケサポ」を開発したことを発表した。

 遠隔取材支援システム「ロケサポ」は、スマートフォン端末(Android、iPhone)を使用するフィールドメンバー、およびPCユーザーのリアルタイムなコミュニケーション・業務連携を支援するものとなっている。フィールドメンバーをGPS機能により測位し、各メンバー間で相互の所在位置情報を共有可能。またスマートフォン端末だけでなく、PCのブラウザからの利用も可能で、的確な行動指示を出すことが可能となっている。グループ分けした利用者に対する一斉同報通知、利用者同士でのチャット、グループチャットなどの機能にも対応する。またスマートフォン端末にアプリをインストールすることにより、現場間、およびオフィスのPCから各フィールドメンバーへ、IP電話で無料通話が行える。

 さらに、スマートフォン端末やPCに対して、スタジオの音声や映像の遅延時間を大幅に短縮し(約0.5秒)配信できる。伝送回線としては、3G、LTE、WiFiなどのインターネットに接続できる回線に対応する。また、安定受信を行うためのさまざまな工夫も図られているという。

 フジテレビでは、今回開発したシステムにより、複数の連絡手段を確保しておく必要がある災害時に備えるほか、通常の業務においても、本社と現場、および現場間のコミュニケーションを密にするのが狙いとしている。なお、5月9日~11日に東京ビックサイト東展示棟で開催される「スマートフォン&モバイルEXPO春」において、ジェイエムテクノロジーのブース(東6ホール38-27)にて、「ロケサポ」の展示・デモンストレーションを行い。テレビ、新聞などの各種メディア、自治体での利用の他、一般企業における利用を提案する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top