民放キー局5社と電通、VODサービス「もっとTV」4月より開始 | RBB TODAY

民放キー局5社と電通、VODサービス「もっとTV」4月より開始

 日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの民放キー局5社と電通は26日、共同推進するネット対応TV上におけるVODサービスの名称が「もっとTV(テレビ)」に決定したことを発表した。4月2日より提供を開始する。

ブロードバンド その他
「もっとTV(テレビ)」ロゴ
  • 「もっとTV(テレビ)」ロゴ
  • 「もっとTV(テレビ)」画面イメージ
 日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの民放キー局5社と電通は26日、共同推進するネット対応TV上におけるVODサービスの名称が「もっとTV(テレビ)」に決定したことを発表した。4月2日より提供を開始する。

 「もっとTV」は、現在放送中の番組をライブで視聴し、番組視聴時間を拡大することを目的とする独自のVODサービス。放送番組の視聴中、リモコンの専用ボタンを押すと、その放送局のVOD画面(売り場)に移動。地上波放送を子画面に残した状態で、各放送局のVODコンテンツの選択が可能となる。見逃し番組を中心に、ドラマ・アニメ・バラエティなどさまざまなジャンルのVODコンテンツが用意される。また関連するシリーズ番組の放送時間も表示するなど、VODコンテンツだけでなく、放送番組の情報も表示する。

 もっとTVに対応したインターネットTVは、今春より発売される予定で、スマートフォン、タブレット端末などでの展開も予定されている。もっとTV対応テレビでは、リモコンに専用ボタンを実装し、簡単に誰でも使いやすいグラフィカルなユーザーインターフェイスを提供することで、現在放送中の番組にも簡単に移動できるようにする。なお日本放送協会(NHK)も、同サービスへの参加を検討中だという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top