スマホによる動画視聴、2016年度までに約3倍までユーザー増加……MM総研が予測 | RBB TODAY

スマホによる動画視聴、2016年度までに約3倍までユーザー増加……MM総研が予測

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートフォンによる動画視聴者数の推移・予測(12年3月予測)
  • スマートフォンによる動画視聴者数の推移・予測(12年3月予測)
  • スマートフォンによる動画視聴市場(金額)の推移・予測(12年3月予測)
 MM総研は22日、2016年度までのスマートフォンによる動画視聴サービスの市場規模予測を発表した。スマートフォン、携帯電話ユーザー2,500人に対しアンケートを実施し、MM総研の既存データを含めた分析による予測を行った。

 それによると、2011年度のスマートフォンによる動画視聴者数は1,225万人で、このうち有料動画利用者数は21%の260万人となった。2012年度以降の動画視聴者数は2012年度:2,216万人(前年度比181%)、2013年度:2,883万人(前年度比130%)、2014年度:3,295万人(前年度比114%)、2015年度:3,610万人(前年度比110%)、2016年度:3,836万人(前年度比106%)となり、2016年度までに現在の約3.1倍まで利用ユーザーは増加する見通し。

 このうち2012年度以降の有料動画利用者数は2012年度:504万人(前年度比194%)、2013年度:702万人(前年度比139%)、2014年度:860万人(前年度比123%)、2015年度:1,010万人(前年度比117%)、2016年度:1,151万人(前年度比114%)となる。

 ちなみに2012年度のスマートフォンの契約者数は、2011年度の2,522万件から4,335万件と、前年度比172%の大幅増を見せている。これにともない、スマートフォンによる動画視聴者数も倍近いペースで増加する見通しとなった。

 動画サービスを提供する各事業者も、スマートフォンに対応したサービスの展開をはじめている。また、新規参入事業者として2012年4月にはmmbiによる日本初のスマートフォン向け放送局「NOTTV」が開局し、初年度100万契約を目標としている。2011年度のスマートフォンによる動画視聴の市場規模は177億円だったが(PC購入コンテンツをスマホに転送視聴する場合も含む)、2012年度以降の市場規模は2012年度:326億円、2013年度:431億円、2014年度:500億円、2015年度:557億円、2016年度:601億円となる見通しとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top