エレコム、プロジェクターのように投影されたキーをタッチする未来型キーボード | RBB TODAY

エレコム、プロジェクターのように投影されたキーをタッチする未来型キーボード

IT・デジタル フォトレポート

「TK-PBL042BK」の利用イメージ(スマートフォンは別売)
  • 「TK-PBL042BK」の利用イメージ(スマートフォンは別売)
  • 本体
  • 背面のインターフェース
  • プロジェクターのように映し出されたキーボードの詳細
  • 明るさと感度を3段階で調整できるイメージ
 エレコムは13日、光で映すキーにタッチしてキー入力できるキー投影型Bluetoothキーボード「TK-PBL042BK」を発表した。販売開始は4月上旬。希望小売価格は28875円。

 「TK-PBL042BK」は、プロジェクターのようなスタイルで机上等に写し出されたキーにタッチすることでキー入力できるキーボード。Bluetooth2.0に対応し、端末とBluetoothで接続し、投影キーの入力情報がワイヤレスで端末に伝わる。

 対応機種は、iPad 2/iPadiPhone 4S/4やiOS4.0以降にソフトウェアアップデートされたiPhone 3GS、第4~3世代iPod touch、Bluetooth HIDプロファイルに対応したAndroid搭載のタブレットスマートフォンなど。

 投影されるキーボードの明るさと感度は3段階に調整可能。キータッチ音も6段階で調整できる。1分間に認識・タイピングできる文字数は最大約350文字。また、キーボードモード のほかマウスモードを備え、マウスモードでは指先の動きに合わせてカーソルの移動が可能。ただし、マウスモードはiPhone/iPad/iPod touchには非対応となる。

 投影されるキーボードの仕様は、キー配列が英語66キー、キーピッチが19mm。本体はリチウムイオン充電池を内蔵し、連続駆動時間は約2時間。サイズは幅38×高さ75×奥行き29mm、重さは約77g。付属品は充電用ケーブル(miniB-USB A/1.1m)/フィンガーストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top