年末年始は2000円でVRを遊んじゃおう!エレコム「P-VRGR01BK」 | RBB TODAY

年末年始は2000円でVRを遊んじゃおう!エレコム「P-VRGR01BK」

Android OSの開発元であり、動画サイトYouTubeをも持つGoogleは、よりリーズナブルにVRを楽しむ手段を提供している。それがGoogle Cardboardだ

IT・デジタル スマートフォン
僕の持っているCardboard互換のゴーグルたち
  • 僕の持っているCardboard互換のゴーグルたち
  • 段ボールでできたVRゴーグル「Google Cardboard」
  • 個人的におすすめなVRゴーグルであるエレコム「P-VRGR01BK」
  • VRコンテンツにアクセスできるアプリBOTSNEWのホーム画面。
  • 価格のわりにしっかりしているのがジャパンクオリティ?
  • ヘッドバンドも付属。伸縮するので扱いやすい
 最近はVRが徐々に流行りつつあるのだが、それを楽しむための機材がやや高いなあと思っている人も多いのではないだろうか?Oculus Riftの価格が下がったとはいえ約5万円だし、ゲーミングPC並みの高性能パソコンと組み合わせる必要があるので、新たに環境を揃える場合は20万円ぐらいの出費となってしまうかもしれない。そして、VIVEはOculusよりもさらに高い。

 前にスマホのGalaxyと組み合わせて使うGear VRをご紹介した。こちらはゴーグル本体は1万5000円程度だが、対応しないスマホを使っている人はGalaxyを1台調達しなければならない。日本ではGalaxyスマホは正規販売としてはキヤリアで販売されているので、VRで遊びたいだけの場合でもキヤリア通信費を払う必要があり、毎月の出費が増してしまう。

 というわけで、多くの人は「VRは面白そうだけど、高いよなあ」ということになってしまいがちだ。

 しかし、Android OSの開発元であり、動画サイトYouTubeをも持つGoogleは、よりリーズナブルにVRを楽しむ手段を提供している。それがGoogle Cardboardだ。

 Google Cardboardは段ボールで作成されたVRゴーグル。段ボールとレンズ2枚だけで構成されるので、AmazonでGoogle Cardboardを検索してみると1000円以下で購入できるものがいくつも見つかる。自分で組み立てる必要があるが、特に難しいことはなく、3分程度で組み立てられる。この低コストさから、しばしばイベントなどでお土産的にばらまかれることもある。僕もYouTubeのイベントでもらったものを1つ持っている。

段ボールでできたVRゴーグル「Google Cardboard」
段ボールでできたVRゴーグル「Google Cardboard」


■YouTubeにはVRコンテンツがいっぱい

 Google CardboardにはスマホをセットしてVR映像をみることができるのだが、そのVRコンテンツはYouTubeにいろいろとアップロードされている。「VR」とか「360 VR」とかのキーワードで検索すると多くのVR動画が見つかるのだ。

 また、Botsnew(没入?) PlayerのようなAndroidアプリを使うと、Cardboard対応のコンテンツを手軽に探すことができる。前述のようなYouTubeのVRコンテンツにもアクセスできる。

 今の日本ではスマホは多くの人が持っているので、Amazonで1000円ぐらいのカードボードゴーグルを購入してくれば、このようなコンテンツを手軽に楽しむことができるというわけだ。
《一条 真人》

関連ニュース

特集

page top